レースとレールと、車に乗って

アクセスカウンタ

zoom RSS 隠岐汽船寄港地は境港か七類港か

<<   作成日時 : 2006/12/07 20:34   >>

トラックバック 0 / コメント 0

経営難の隠岐汽船は将来的に本土側の寄港地を七類港と境港の2か所を1か所にする方針ですが、鳥取県知事が境港がいいと発言したそうです。

これは県知事としては自県内の港を推すのは当たり前の事だと思いますし、境港駅が隠岐汽船ターミナルと事実上一体化していることを考えると、確かに境線からの連絡は便利です。どれだけ利用者があるのかは知りませんが、境線の土休日の快速「みなとライナー」も隠岐汽船に接続するダイヤになっています。

問題は米子空港に近いから便利だという発言。確かに距離は近いのですが、七類港までは境水道を橋で渡り、島根半島をトンネルでぶち抜いて最短距離で行けるのに対して、船は美保関を迂回する必要がありますから、トータルではどっちも所要時間はたいして変わりません。同じ区間の設定がある高速船レインボーは境港発着の方が15分所要時間が長いですし。

それはさておき、かつて高速船がマリンスターだった頃には、境港駅から先に伸びる貨物用の引き込み線に臨時駅を設置して、臨時列車「マリンスターリレー号」を走らせていたことがあります。利用者の数はしれてましたけど、境線の列車には専用のヘッドマークも付けていました。

画像


画像


日常利用者はさておき、観光客には隠岐の行き帰りのどちらかで水木しげるロードを組み合わせることで、それなりに受けるかもしれません。列車のイラスト自体は、今の鬼太郎よりも昔の「おさかな列車」の方が可愛いと思うんですが。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
隠岐汽船寄港地は境港か七類港か レースとレールと、車に乗って/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる