レースとレールと、車に乗って

アクセスカウンタ

zoom RSS 袋田の滝に行ってきました

<<   作成日時 : 2007/10/28 20:01   >>

トラックバック 0 / コメント 2

昨日の台風の後、見事な快晴。さてドライブと行きたいところですが、些細なトラブルの為に車が入院中で現在は代車なのであまり車を長距離乗るのは避けたい。ということで、久しぶりに袋田の滝に行くことにしました。台風のお陰で雨がたっぷりと降っていますし、何より、新しく買ったNDフィルターが届いたばかり。絶好の使用機会というものです。

さて、水郡線に乗るには駅に行かねばなりません。駅まで歩くの面倒だけど最寄り駅に駐車場は無い。ということで、比較的近い水郡線の上菅谷駅の小さな無料駐車場に車を置きました。空きスペースは1箇所で、ぎりぎりセーフ。

ここからは新鋭のキハE130系で袋田駅を目指します。考えてみれば乗るのは初めてです。ただ、多少のエンジンの改良はあっても、従来の気動車(キハ110系)と何が変わったかと言えば、走行関係では特に感じませんでした。行楽シーズンということで4連の列車の座席はほぼ埋まっていて、1+2配置が恨めしくなります。近年のJR東のボックスシートにいい印象を持ってないので、これならオールロングの方がマシだと思いました。

シフトショックも結構感じましたし、騒音も特段小さくなったという印象を持ちませんでした。コモンレール式燃料噴射の採用など、排ガス成分の改善などの効果はあるのでしょうけれど、乗っている分には関係無いですからねぇ。

さて、袋田駅からは行きは茨城交通のバス、帰りは大子町の観光巡回バスで滝まで往復です。なお茨城交通バスは200円、大子町バスは無料でした。運賃取ればいいのに。袋田駅到着が10:30と時間帯がいいのか、行きの茨城交通バスは立客も出るほどの乗車率でした。

袋田の滝へはトンネルではなく、山に沿った道を歩きます。トンネルは有料ですし。観瀑台に行くのなら同じことですが、万一しょぼいと金がもったいない。でもそんなの杞憂でした。滝坪にかかる吊り橋を渡ると、見事な水量でした。紅葉はまだ今一つですが、部分的に紅葉が進んでいました。

画像


画像


NDフィルターで2段分稼いで、シャッタースピード1/3秒まで落としました。焦点距離は換算28mmの手持ちなので、手ブレ補正機能と連写に頼りました。

これだけ水量があるのなら、観瀑台まで行ってもいいでしょう。ということで300円払って観瀑台へ行きました。

画像


余りの水量に、水しぶきが凄くて、ついでに霧のようになっていて、右側が太陽の光を反射して真っ白になってます。撮っては奥に下がってカメラを拭く作業の繰り返しでした。

しばらく滝を見てから再び吊り橋経由で帰りますが、滝壷に虹がかかっていたので吊り橋から撮ってみました。

画像


さらに、滝から流れていく川の写真も撮りました。

画像


この後、一度遊歩道で滝の上まで上がってから、先の大子町の巡回バスで袋田駅に出て、水郡線で上菅谷駅に戻りました。帰りは2連で乗車率は半分位だったでしょうか。日曜日真っ昼間としては乗車率は高いですね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
今晩は、ご無沙汰です。
袋田の滝は最高ですね・・・
我輩も久しく行ってないです。
良い写真を見せて頂きありがとうございました。
のちほど・・・
千葉ンプ
2007/10/30 00:56
こちらこそ、ご無沙汰です。

これほどの水量は初めてです。カメラが壊れるかと思いました。
11月23,24日には水郡線に「奥久慈レトロ号」が走りますから、この辺りが狙い目かと思いますよ。
赤い砂兎
2007/10/30 12:46

コメントする help

ニックネーム
本 文
袋田の滝に行ってきました レースとレールと、車に乗って/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる