レースとレールと、車に乗って

アクセスカウンタ

zoom RSS やっと公開された、第4回全国幹線旅客純流動調査データ

<<   作成日時 : 2007/10/13 16:59   >>

トラックバック 0 / コメント 2

8月中を目途に公開するとされていた第4回全国幹線旅客純流動調査のデータが、やっと公開されていました。今までは特にアンケートは無かったと思うのですが、アンケートがついていました。たぶん、答えなくてもダウンロード出来るはずですが。(でないと2回目から面倒だし)

こういうのは207生活圏間を見るのが面白いと思ってますし、今回は平日と休日に分かれていますから、なにかと遊べそうです。

ちょっと一例で遊んでみました。見るデータは基本的には代表交通期間別、出発地−目的地を見てます。

茨城県水戸・日立生活圏→東京23区生活圏
栃木県宇都宮生活圏→東京23区生活圏
群馬県前橋・高崎生活圏→東京23区生活圏
山梨県国中(甲府)生活圏→東京23区生活圏
でのシェア比較です。

秋期平日1日では
水戸・日立(全6989):鉄道:3748(54%)、バス506(7%)、乗用車2736(39%)
宇都宮(全5860):鉄道4105(70%)、バス55(1%)、乗用車1699(29%)
前橋・高崎(全7643):鉄道5278(69%)、バス53(1%)、乗用車2312(30%)
国中(全5307):鉄道2506(47%)、バス377(7%)、乗用車2424(47%)

秋期休日1日では
水戸・日立(全11521):鉄道:3427(30%)、バス1013(9%)、乗用車7081(61%)
宇都宮(全6828):2055(30%)、バス79(1%)、乗用車4692(69%)
前橋・高崎(全7822):3617(46%)、バス102(1%)、乗用車4104(52%)
国中(全7938):3241(41%)、バス464(6%)、乗用車4233(53%)

となりました。目的別を見ていないので正確には言えないけど、やっぱり平日はそこそこ鉄道でも、休日は自動車ですなぁ。安いバスもシェアを伸ばしている。常磐線特急には格安の「東京週末フリーきっぷ」を売っている理由も分かろうというものです。てか、己自身が東京に遊びに行くなら9割方自動車で行っちゃいますし。(笑) だって、「スーパーひたち」なんてとろくさい特急なんてかったるいもん。TXも遅いけど、安いのと駐車場があるのがメリット。でも、土曜日にしか乗らない。

平日の、水戸・日立、国中と、宇都宮、前橋・高崎の鉄道シェアの差も、何かを暗示してますね。まあ、前回も同じような傾向でしたけど。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは、ようやくデータ公開されましたね。

新しく出来た「幹線流動データ検索」がとても便利です。これまではエクセルファイルを開いてチマチマやっていましたが、これからは必要なデータだけを取り出せますね。

http://statistics.jterc.or.jp/kansenDB/
spot
2007/10/13 23:02
この検索は便利ですよね。所要時間も目安になりますし。
ただ、幹線バスの所要時間が???ですけど。

鳥取県西部ー大阪府大阪で見ると
鉄道4時間07分
バス3時間16分
乗用車3時間46分
と出てきて・・・鉄道のアクセスイグレスが1時間かかって、バスは、特急バスの所要時間より短く、乗用車より30分も速い。
赤い砂兎
2007/10/15 12:49

コメントする help

ニックネーム
本 文
やっと公開された、第4回全国幹線旅客純流動調査データ レースとレールと、車に乗って/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる