レースとレールと、車に乗って

アクセスカウンタ

zoom RSS 奥出雲おろち号を撮りに奥出雲へ

<<   作成日時 : 2008/08/19 00:33   >>

トラックバック 0 / コメント 0

米子で撮った後は、山陰自動車道と松江自動車道を走って、木次線沿線へ足を伸ばしました。
松江自動車道はまだ三刀屋木次インターまでしかないのですが、本気で道州制をやるつもりなら、最優先で必要な道路だと思いますがねぇ。道州制をやらないにしても、中国地方の中心都市(のはずの)広島と松江、米子、出雲、さらには山陰道を経て鳥取へのメインルートになりうる松江自動車道は必須の道路だと思います。

それはさておき、奥出雲おろち号を撮りに沿線を回ります。木次行を撮るので多くの場所は逆光になるのですが午後から曇ってきたので、自由度は増しました。結局、出雲三成−出雲八代間で撮りました。

画像


トロッコの方はそれなりに乗客がありましたが、前の客車(定期列車代用でもある)の方は見事にガラガラ。この後遠回りする木次線の先回りをして、線路をオーバークロスする橋からも撮りました。前からは失敗したので後ろの客車側。

画像


その他、木次線の普通列車も1本撮れました。場所は最初の写真の少しだけ出雲三成側。

画像


製造から10年以上たつはずですが、やっぱり新し目の車両はいい。ぼろっちいキハ52, 53が走っていたのとは雲泥の差です。特にキハ53なんて近郊型と称して113系初期型と同じ狭苦しいセミクロスシートだったし。たまに山陰線で乗りましたが、迷わずロングシートに座ってました。この点はより古いけどキハ52の方がマシでした。


さて、この後は荘原方面に出てもう一度山陰線を撮るつもりでしたが、線形と時間帯の関係で見事に正面にだけ陽が当たる。おまけに夏草が高い。

画像


数本撮って、そうそうに切り上げました。381系ですが2両目のモハ380だけが傾いたまま。ま、よくある話ですが。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
奥出雲おろち号を撮りに奥出雲へ レースとレールと、車に乗って/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる