レースとレールと、車に乗って

アクセスカウンタ

zoom RSS そっちに行くのか、マイクロフォーサーズ

<<   作成日時 : 2008/08/05 22:21   >>

トラックバック 2 / コメント 0

世のデジタル一眼レフが135フォーマットサイズに移行しつつある、というか、そちらに注力しつつある中、オリンパスとパナソニックがマイクロフォーサーズ規格を発表してきたのはちょっと驚きました。

フランジバックとマウント径の縮小で、カメラとレンズの小型化を図る一方で、撮像素子サイズは今のフォーサーズと同じ。
今のレンズもマウントアダプタ−(フランジバック長さとマウント径の違いを埋めるための輪っか)経由で使えるわけだし、撮像素子サイズが変わらないので、画角も同じまま。専用レンズならば凄く小形軽量のカメラになる。

ここだけ見ると魅力的です。

どう考えてもミラーボックスが入る余地は無い。ということで、ライブビュー専用機となるようです。個人的にはEVFが結構好きなので、光学ファインダーが無くても、出来のいいEVFがあればいいのだけど。Dimage Z2のような60fpsは譲れない。


心配なのは、「高性能レンズをこんなに小さく作れるんです」てな方向には行かないでね。ってあたりだけど、コンパクトカメラからのステップアップ取り込みを図るようなので、そこは心配ないかな。


最大の心配は言うまでもなく、「いつ発売になるんだ?」 ってことだな。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
マイクロフォーサーズ
一眼レフをもっと小型化「マイクロフォーサーズ」 オリンパスと松下が策定 ITme... ...続きを見る
しんの出来事
2008/08/06 10:54
[新技術]オリンパスと松下、デジタル一眼の新規格「マイクロフォーサーズ」を策定
 オリンパスイメージングと松下電器産業 は8月5日、デジタル一眼レフカメラシステムの新規格「マイクロフォーサーズシステム」を共同で策定したと発表した。オリンパスが中心となり提唱してきたデジタル一眼レフカメラシステム「フォーサーズ」を拡張したもので、カメラの小型・軽量化を狙う。【写真入りの記事】  フランジバック(マウントとイメージセンサーの間隔)をフォーサーズシステムの半分に短縮。マウントの外径も約6... ...続きを見る
ブログ検索ニュースBLOG
2008/08/06 19:29

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
そっちに行くのか、マイクロフォーサーズ レースとレールと、車に乗って/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる