レースとレールと、車に乗って

アクセスカウンタ

zoom RSS 首都高1号線への遠き道

<<   作成日時 : 2008/09/28 08:43   >>

トラックバック 0 / コメント 0

箱根への往路は、土曜日ながら常磐道で都心へ向かいました。
通常は首都高6号線の渋滞を避けるために、R51で潮来に出て、東関東道→湾岸線と走るのですが、このルートだと都心まで2時間かかる上に、通勤割引の為の潮来9時前を考えると、結構きつい。

昔東京へ車で行く時は三郷から都心へは首都高渋滞を避けるために下道を延々と走って、R4経由で秋葉原等に行っていた訳で、そのルートの途中、入谷でR4から首都高1号線に入ってしまえばいい。ということで、最近は三郷から首都高6号線の側道を走って環七へ、西加平交差点から街中を走って梅田の立体交差でR4に入るというルートで都心突破を図るようになりました。

でもって、それってどの程度マシなのか。今回、Z33にPC-GPSを積み込んで計ってみました。
その前に、守谷SAで渋滞情報を見ると、江戸橋JCTまで60分の表示です。

結果、守谷SAから箱崎JCTまで61分。首都高に嵌まるのと実質的に変わらない・・・

ログを見ると止まっている時間の方が長いくらい。特に梅田立体交差手前の停止時間が長い。素直に梅島陸橋経由で環七からR4に入れば数分は短縮できるかもしれない。とは言え、今回の下道ルートが特別混んでいたとか空いていたというわけでもなく、守谷SA−箱崎JCT間は首都高を通るにせよ下道を走るにせよ1時間を見込めば大外れは無さそうです。

空いている日曜日のログを見ると、守谷SA−江戸橋JCT間は23分ですから、所要時間増は37分です。思っていたほどは時間がかかっていない。


結果的には潮来経由東関東道ルートと大差無い訳で、葛西臨海公園駐車場利用でも無ければ、素直に常磐道を走ればいいとなるわけだけど、三郷から首都高1号線まで、もうちと何とかならんものかなぁ。1号線のC2への延長の話はたぶん消えているんだよなぁ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
首都高1号線への遠き道 レースとレールと、車に乗って/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる