レースとレールと、車に乗って

アクセスカウンタ

zoom RSS オーバーヒート@蔵王

<<   作成日時 : 2008/10/12 21:07   >>

トラックバック 0 / コメント 0

晴れたので、Z33で蔵王エコーライン方面に出かけることにしました。
世の中は3連休(うちの会社はただの週末)なので混雑が心配ですが。

案の定、エコーラインは途中から動かない。と思ったら、フロントボンネットから白煙が・・・
慌てて水温計を見ると、「H」を指している。

オーバーヒート

その直前まで何の兆候も無かったのに。ていうか、ほとんどアイドリング状態で止まっていた状態、外気温だって16度くらいしかないのに、何でよ。

不幸中の幸いがすぐ先に駐車スペースがあったこと。
ボンネットを開けると、沸騰してる、してる。リザーバータンクの中でクーラントが沸き立ってる。

しばらく冷まして、やむなく山を下りることに。その途中も水温計がやたら不安定。いつもはCとHの真ん中よりちょい下で安定しているのに、ちょい上からH直前の間をうろちょろ。とにかく水温が上がらないようになんとか騙し騙し山を下りる。

平地に降りて、しばし冷ましてからリザーバータンクを見ると、リザーバータンクが空っぽ。沸騰が納まって、クーラントの熱膨張も減ってみるとクーラントが思いっ切り無くなっている。そりゃ水温が上がるはず。

再び騙し騙し一番近いイエローハットまで行くことに。何しろ、信号待ちで止まっているだけで水温が上がるし、低速走行でも上がる。エンジンの回転を抑えつつ、ラジエーターに風が当たるくらいまではスピード上げないといけないわけで。

結局、2リッターのクーラントを買って、全部入れた状態で、リザーバータンクのMINとMAXの間の、下から1/3くらいの量になっていました。マニュアルをみるとクーラントの量は8.7リッターだそうなので、約1/4が失われた計算に。


とりあえず、帰りは水温計はいつもの場所で安定していたので、メカニカルトラブルではなさそうだけど、一体、何があったのか。8月末の6ヶ月点検簿を慌ててみたけど、冷却水量は大丈夫だったというチェックが入っていたし、その後、冷却水漏れのようなことは無かったのだけど。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
オーバーヒート@蔵王 レースとレールと、車に乗って/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる