レースとレールと、車に乗って

アクセスカウンタ

zoom RSS ロジクールのMX1100を購入

<<   作成日時 : 2008/11/15 21:26   >>

トラックバック 1 / コメント 0

自宅のPCでは長らくロジクールのワイヤレス光学マウス、「Codeless Mouseman Optical(ZM-100)」を使ってきましたが、121wareで10台限定で価格comの最安値並で売っている。ちょっとだけ残っているポイントを使えば送料もほぼチャラになる。

ということで、買ってしまいました。

昔からマウスはロジクール派でしたが、ガラステーブルを使っていることもあり、光学からレーザーマウスに変えてもマウスパッドが必要なのは変わらないし、そんなにたくさんボタンがあっても使わない。ということでMousemanの後、長いこと新しいマウスを買っていませんでした。しかし、時々店頭で触ってみたMXやVXシリーズの感触がよく、とは言え、MX-Revolutionは親指の所のホイールが邪魔。それに、単三のニッケル水素電池がたくさん転がっているし。ということで、買うならMX1100と考えていました。

買ってみた印象は、まず、「ホイールが軽すぎ」でした。初期設定をほとんどいじらない間は、スクロールが軽すぎて。自分の好みの設定にするのに結構時間がかかってしまいました。設定が終われば実に快適です。約6000円の出費ですが、コストパフォーマンスはいいですね。

解像度(≒移動速度)の設定はまだ調整の余地はありそうで、1200dpiと800dpiで切り替えられるようにしています。そのうち設定を固定して、解像度切替に使っているボタンを別の機能に割り当てたいところです。
Microgearスクロールホイール回転の設定の切替も、アプリケーション毎に相応しい方を身体が覚えていくのでしょう。とりあえず、Irfanviewの画像切替ではクリック感のある方に切り替えていますが、その他は今のところ慣性ホイールで、スクロール速度や加速設定をソフトウェアごとに変える設定にしています。


(追記)
余り使わないけど、マウスの使い勝手優先でポインタ移動速度を調節しているので、タッチパッドでの移動速度が遅くなっていたので、移動速度を速くして、その代わり、MX1100の解像度を落としてみた。これが結構いい感じ。


余ったMousemanは、会社で使う予定。今は、マイクロソフトの有線レーザーマウスなので、白いオフィス机でもマウスパッド無しで使えていますが、光学マウスだと解像度の点でパッドが必要だろうなぁ(持っているから買う必要はないが)。


それにしても、Mousemanも当時は斬新なデザインだと思っていたのだけど、MX1100と並べると、実に普通のデザインに見える。

画像


ロゴもLogitechからLogicoolに変わってるし。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
【長時間利用に適したマウス】MX1100 Cordless Laser Mouse
疲れにくく、仕事用にも適している。 ...続きを見る
ぱふぅ家のサイバー小物
2008/11/28 20:36

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ロジクールのMX1100を購入 レースとレールと、車に乗って/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる