レースとレールと、車に乗って

アクセスカウンタ

zoom RSS 信貴生駒スカイラインから最後は琵琶湖へ

<<   作成日時 : 2009/04/30 21:33   >>

トラックバック 0 / コメント 0

紀勢本線の撮影の後は、20数年ぶりに法隆寺を観光してから、信貴生駒スカイラインを走ってきました。

世間は平日なので、道路は空いていて、一度も先行車に追いつくことなく快適に走れました。道路の印象は低速コーナーが多い忙しい道路だと思いました。だいたい2速と3速を行ったり来たりで、時々4速に入れる感じ。個人的な好みで言えば、ヘアピンの連続はZのような車には向かないという気がしましたが、初めて走るワインディングロードはやっぱり楽しい。

走っていたり、展望台に止まって西の方向を見ると大阪の都心のビル群が見えて、本当に生駒山地が大阪都心に近いところにそびえていることが実感できました。ただ、都心方向は微妙に霞んでいて、写真は全然駄目でした。途中、作業車が止まっているのを見かけましたが、車体に近畿日本鉄道と書いてあって、この道路が近鉄の所有ということを知りました。

そう言えば、かつては箱根ターンパイクは東急グループが持っていたわけで、大手私鉄の観光開発道路という見方をすると共通点がありますね。信貴生駒の方は山上に遊園地がありますし。

信貴生駒スカイラインを走った後は、これまた20数年ぶりに平等院鳳凰堂を観光してから、宿泊地の草津市に向かいました。草津市内に入った時間がちょうど太陽が赤く色付き始めたので、そのままホテルに行く予定を変更して、琵琶湖に夕陽を見に行くことにしました。湖岸道路に出て、目に付いた駐車場に車を止めると、太陽が対岸の山に沈む直前でした。

琵琶湖を湖岸で眺めるのも初めてでしたので、しばらく湖岸に滞在してから、湖岸道路をしばし走ってからホテルに向かいました。

画像

初めて見る琵琶湖の夕陽


画像

ライトトーンの法隆寺


画像

ポップアートの鳳凰堂

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
信貴生駒スカイラインから最後は琵琶湖へ レースとレールと、車に乗って/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる