レースとレールと、車に乗って

アクセスカウンタ

zoom RSS リニアの諏訪経由は要するに諏訪新幹線を作ることだが

<<   作成日時 : 2009/06/18 20:18   >>

トラックバック 0 / コメント 0

中央リニアの諏訪迂回の場合の問題点については前に書いたことがありますが、JR東海が迂回の場合の建設費増加額を発表しました。6400億円だそうです。やっぱり普通の鉄軌道よりは単価が高いですね。キロ100億円というあたり。全線建設費と比べても妥当な差額だと思います。

さて、長野県はどう出るのでしょうか。何より重要なのは、この建設費を誰が負担するのかを決めることですが。

JR東海に負担させるのは問題外でしょう。

国はどうか。未だに整備新幹線5線すら全線着工にこぎつけておらず、基本計画線も大量に残っています〈中央新幹線もその一つではある)。その中で、諏訪地方を特別扱いすることが妥当とは思われない。かつての筑摩県という独立した県の県庁所在地であり、「あずさ」が毎時一本は走っている松本市まで沿線として含めても、それだけで新幹線建設が妥当とは言えない。

そもそも、膨らんだとは言え、松本、塩尻、岡谷、諏訪の4市をたしても長崎市にも及ばず、その長崎に行く、フル規格ではない西九州ルートすら無駄と言われるのが今の日本です。ましてや北海道新幹線の函館−札幌間という大物が残っている中で、6400億円の諏訪経由が国にとって優先される課題とは思えない。

では長野県にそれだけの費用を負担する覚悟があるかというと、とてもそうは見えないのは前に書いた通りだし、既に国に負担を求める発言をしているわけだし。しかし、自民党にしても、(政権交代して)民主党になっても、強引に諏訪経由を国の負担でJR東海に押しつけることは昨今の情勢から考えて無理というものでしょう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
リニアの諏訪経由は要するに諏訪新幹線を作ることだが レースとレールと、車に乗って/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる