レースとレールと、車に乗って

アクセスカウンタ

zoom RSS 高速全線無料じゃないって、何をいまさら

<<   作成日時 : 2009/09/03 22:23   >>

トラックバック 0 / コメント 0

民主党の政策はお花畑だと思っているけど、だからって、今更これはなんだ?

重体が懸念されるところは無料にしないのは、最初から言っていたことじゃないか。財源とか、消費税に対する態度とか、他人のブログのコメント欄で色々書いたことはあるけれど、少なくとも高速料金についてはぶれてないはず。

しかし、無料区間を走る自動車には以下のものが混在することになる。

1 無料区間だけを走る自動車
2 無料区間から入って有料区間で出る(またはその反対)の自動車
3 無料区間から入って有料区間を通過して無料区間から出る自動車
4 有料区間から入って無料区間を通過して有料区間から出る自動車

さて、有料区間を走る自動車の料金を確実に徴収するにはどうしたらいいのだろう。一番確実なのは、有料区間と無料区間の境界に本線料金所を作ることだけど、ただの本線区間にそんなものを作るスペースがあるとは思えないし、だいたい、適宜見直すと言っているのだから、料金所を作っては壊し、別の所に新しい料金所を作ってまわることになる。

それを避けるには、有料区間を走る自動車は今の料金所を通って料金を払ってもらうことになるけれど、無料区間だけを走った車と外見で見分けが付くはずはないので、無料区間だけを走る車もまた料金所を通ってもらわねばなるまい。ということは、どんな地方の高速道路でも料金所を無くすわけにはいかない。

一方で、地方で無料化すれば、地方の自動車のETC装着率は減るはず。既にこういう記事もあるわけで。つまり、有人ゲートの必要性が増しかねない。部分開通などで孤立した高速道路でもないかぎり、有料区間から走ってくる自動車がある可能性は排除できないのだから。

さて、料金所というか料金徴収システムをどうするつもりなのか、民主党の無料化案で分からない事の一つです。ま、建設費償還方法をどうするのかという巨大な問題に比べれば、些細な問題だと思うけど。



最大の問題は「政党の公約も知らないで選挙報道をしていた」マスコミのレベルのような気もするが。マスコミは事実の紹介だけしてくれていればよく、今の時代、当事者の公開情報なりを見る手段が格段に増えていて、興味があればそっちを直接見に行くので、個人的にはマスコミの質自体はどうでもいいことではある。見に行くきっかけになってくれていればそれでいい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
高速全線無料じゃないって、何をいまさら レースとレールと、車に乗って/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる