レースとレールと、車に乗って

アクセスカウンタ

zoom RSS ローカル輸送は誰の負担で維持すべきかなのか

<<   作成日時 : 2009/09/30 20:44   >>

トラックバック 0 / コメント 0

高速道路無料化、ETC割引で西鉄高速バスの収益が悪化し、ローカルバスが減便されるというニュースですが。

個人的には、凄く違和感を感じる。

もちろん、西鉄がローカルバスを減便することに対してではない。
高速バスの収益による内部補助でローカルバスを運行していることについての議論が全く出てこないことに対して違和感を覚える。そもそも、こんなことは「意外」でもなんでもない。

バスだけではなく鉄道でも全く同じことで、収益部門である都市間輸送の収益からの内部補助でローカル輸送が維持されているという構図は全く同じ。違いはJRと違ってバス会社にはローカル輸送に対する公的補助もなされているということだけど、内部補助頼りの運行になっていることに違いはない。

本来ならば、交通網のどの部分を民間会社に任せ、どの部分を公的機関が賄うのかの青写真があってしかるべきなのに、それが全く無いまま高速道路の無料化とその弊害だけを論じていることに違和感を持つのだ。高速バスで言えば、高速バスもどきのツアーバスとの関係も同じことが言える。

高速道路網が貧弱だった時代に決めたようなルールを、高速道路網が拡充し、あまつさえ原則無料化した後にもそのまま適用しようとすれば破綻するのは目に見えている。かといって、ローカル輸送に公的支援を拡大しようにも、暫定税率は廃止、消費税増税は4年間議論すらしない。高速道路無料化ということは料金収入から償還していた建設費や維持費を税金で賄うことになるのだから、出費は増える。ローカル輸送維持の為の原資があるとは思えない。


そこをどう考えているのかさっぱり分からないから、高速道路の無料化には反対なのだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ローカル輸送は誰の負担で維持すべきかなのか レースとレールと、車に乗って/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる