レースとレールと、車に乗って

アクセスカウンタ

zoom RSS スーパーひたち47号の回復運転

<<   作成日時 : 2009/11/17 21:05   >>

トラックバック 0 / コメント 1

出張の帰り、上野発18:00のスーパーひたち47号に乗りましたが、折り返しの上り46号が17分遅れで、上野駅到着が17:55でした。

この後、わずか6分で降車と車内整備を終えて、18:05に上野駅を発車しました。こういう場合に気になるのが、果たして回復運転はどうなるのか。それともダイヤの乱れでさらに遅れるのか。

ちょうどパソコンとGPSレシーバーを持っていたので、バッテリー残量が微妙なところでしたが計測してみました。

画像


南千住あたりで「速度がいまいち上がっていないような」と思ったのは杞憂に終わり、GPS信号から求めた上野−水戸間の所要時間は1時間5分40秒でした。所定は1時間8分のところを、最速列車並の所要時間で走りきり、水戸駅着時点で遅れは2分にまで取り戻していました。

あいにくと最速1時間5分の列車での計測データは無いのですが、1本前の所定1時間7分の43号のログがあるので、両者を比較してみました。

画像


43号の方は柏付近と赤塚付近での大きな減速や友部−内原あたりの減速があって、最速+2分になっているとみていいのですが、今日の47号はそこも高速で飛ばしているのが分かります。


しかし、こうしてみると線形が良さそうな常磐線でも意外と100km/h前後まで減速することが多いので、651系後継車にはやはり車体傾斜があってもいいような気はします。以前計算した結果ではせいぜい2分程度の短縮にしかなりそうにはないけれど。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
時間短縮はしてほしいですよ。
とき
2010/09/18 14:28

コメントする help

ニックネーム
本 文
スーパーひたち47号の回復運転 レースとレールと、車に乗って/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる