レースとレールと、車に乗って

アクセスカウンタ

zoom RSS GPSにるオーリスRSの出力測定

<<   作成日時 : 2010/04/25 20:37   >>

トラックバック 0 / コメント 0

オーリスRSの走行距離も3000kmを越えて(3.5ヶ月もかかったのは意外)、エンジンの慣らしもほぼ終わり。車載コンピューターが給油しろしろと煩い中、そういえば、今回はハイオクとレギュラーをほほ半々入れている。

ということで、nav-UのGPSログ記録を使っていい加減な出力測定をしてみました。

方法は単純で、高速道路上で誰もいない所で低速から2速でフルスロットルで加速をして、その後でニュートラルで減速して走行抵抗を測るだけです。加速・減速は運動エネルギー (0.5MV^2)の時間変化を与えることですし、その源はエンジンですから、走行抵抗に打ち勝って加速することで得られる運動エネルギー増加量がエンジン出力と見なせます。出力=運動エネルギー変化量を計算するためには運動エネルギーを時間で微分すればよく、

P=MVA

という数式になります。ということでGPSのログを見ると、加速も惰性での減速もほぼ一定値でした。フィッティング直線の傾きから計算した加速度は10.468km/h/s、惰行減速度は-0.9074km/h/s でした。2速での速度は92km/h/sまで記録されているので、この速度での出力を計算してみます。オーリスRSの車両重量は1270kgですが、ガソリンの減少量と己の体重等を考慮すると、1290kgがこの時の実際の質量になります。よって

P = 1290kg × 92km/h × (10.468+0.9074)km/h/s / 3.6/3.6 = 104.2kW

となりました。92km/hでの回転数はカタログデータから計算すると6320rpmで、オーリスRSの最高出力のカタログデータは108kW/6400rpmですから、おおむねカタログ通りの出力が出ていると考えていいでしょう。



となると、次はレギュラーガソリンでの評価をやってみたいところですが、なかなか周囲に車のいない状況には巡り会えないので、いつになることか。フェアレディZだと加速時間が短すぎて1HzGPSでは無理だろうなぁ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
GPSにるオーリスRSの出力測定 レースとレールと、車に乗って/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる