レースとレールと、車に乗って

アクセスカウンタ

zoom RSS ビーナスラインからメルヘン街道を走る

<<   作成日時 : 2010/08/29 21:09   >>

トラックバック 0 / コメント 0

今日は、今まで走ったことがなかった長野県方面のワインディングに出かけることにしました。ドライブガイド等を参考にしながら、上信越道側から入って、美ケ原高原からビーナスラインを走って茅野に抜けて、今度はメルヘン街道で佐久に抜けて上信越道で帰ってくるという行程にしました。

北関東道+上信越道で東部湯の丸インターまでR50が比較的空いていたこともあって3時間。考えてみれば東名+オダアツで箱根に行くのと大差ありません。東京の都心を通ることもないし。ちょっとした盲点でした。

画像


東部湯の丸インターから県道62号でまずは美ケ原高原の道の駅を目指しました。県道464号に入ると、山間のヘアピンの続くちょっと狭い道になりますが、車通りも少なく、対向車がたまに現れるものの先行車に追いつくこともなく走りきれました。とは言え路面はかなり荒れていて、跳ねるたびにTRCが仕事をするものだから急勾配のヘアピン立ち上がりで何度か失速したのはちょっと閉口しました。

美ケ原高原でちょっと歩いてからソフトクリームを食べ(好きなんです)、今度はビーナスラインに入って霧ヶ峰を目指しました。霧ヶ峰自体には学生時代に一度行ったことがあるのですがおおむね20年ぶり。午前中ということもあって中央道側から登ってくる対向車線の車は多かったものの、反対方向に走る私の方は快適に走って、霧ヶ峰高原の道の駅に到着しました。

ここでは1時間ばかり自然探求路を第5園地まで往復歩いてきました。八島ヶ原湿原等には足を伸ばしていませんが、一日で回るには広すぎますから、また、近いうちに行くことにしましょう。歩いた後に軽く昼食とジョッキの牛乳を腹に流し込んだ後、メルヘン街道の入口である茅野を目指しました。実は牛乳を飲むのも久しぶり。子供の頃は1日1リッター超飲んでいたし、一時期は4%超の濃縮牛乳を好んで飲んでいたこともあったのだけど。

が、ここで、道を間違えてしまいました。本当はビーナスラインを白樺湖、スズラン峠経由で走って芹ケ沢辺りでメルヘン街道に入るつもりだったのですが、県道40号で諏訪市に行ってしまいました。まあ、こっちも下りのワインディングで楽しかったですし、間違いでもないと走る機会のなさそうな道だからよしとしましょう。それに、宿題が残れば、また来たいという気にもなりますし。

気を取り直して、諏訪からR20で茅野に出てメルヘン街道に入りました。道は楽しいワインディングではありますが、周囲を森に覆われていて、眺望という点では今一つかな?午後になって曇ってきたということもありますが。ところがここでフェアレディZの方にトラブルが。

メルヘン街道の最高地点を過ぎた辺りで、いきなりクラッチがスコーンと抜けた。踏めばクラッチが切れることは分かるのだけど、ストロークがまるでない。ていうか、クラッチを繋いだ後にペダルが正規の位置まで戻ってこない。足を引っ掻けて引っ張り出せば戻ってくるのだけど、その状態で踏むとやっぱり駄目。クラッチ自体は切ったり繋いだりできているのだけど。これはマスターシリンダーがオーバーヒートしたか?

幸運だったのは標高2000m越えのメルヘン街道最高地点を過ぎてから起こったことです。この先はR141に合流する佐久穂町まで下る一方なので、下りでエンジンブレーキが効く3速に固定して、減速しても重力で加速してくれるので再加速の為にシフトダウンをしなくても走れます。R141に出た頃にはクラッチペダルも元の感触に戻っていましたが、しばらくの間は大事を取ってクラッチを踏まないで、1→3,4,5,6とシフトチェンジしながら走ることにしました。

道路脇の空き地にZを止めてペダルを手でペコペコ弄っていると、反対車線から真っ赤なヨタハチが走ってきた。60年代の車で一番欲しい車なので、しばらく己のZのことを忘れて走っていく姿を眺めていました。


当初予定では小海線のどこかで3年ぶりくらいに「こうみ」を撮ってから帰るつもりで、ちょうど小諸行「こうみ」を30分ほど先行する時間帯に佐久方面に向かって走っていたのですが、クラッチがこんな状態で撮影地を探すのはなんだかなと思ったこともあり、そのまま佐久インターから帰りました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ビーナスラインからメルヘン街道を走る レースとレールと、車に乗って/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる