レースとレールと、車に乗って

アクセスカウンタ

zoom RSS 遅すぎる松本電鉄

<<   作成日時 : 2010/09/09 00:27   >>

トラックバック 0 / コメント 0

上高地への公共交通機関は、アルピコグループが運行する路線バスしかありませんが、松本からではなく、松本電鉄の終点新島々からの運行なので、新島々までは松本電鉄の電車に乗らざるをえません。

画像


しかし、その松本電鉄は、最高速度が50km/h(一部区間は40km/h)なのは予め知っていたこととは言え、一言、遅い。
ロングシートの向かいにはスーパーあずさの同じ車両に乗っていた親子連れがいたのですが、その子供が「なんでこの電車遅いの?」と両親に聞いていたのを見て「まったくそのとおりだ」と思いました。比較的渋滞が少ない道路を走る自動車を相手にしなければならないローカル線こそ「のんびり」走ってなどいられないはずです

画像


帰りにT-01B+VisualGPSceのテストを兼ねて取ったログです。最高速度50km/hという現代鉄道としては冗談のような数値そのままの走りです。加速度だってせいぜい2km/h/sです。というか、手もとの古い時刻表の一つ、1970年の時刻表から読み取れる所要時間と何も変わりません(正確には最速は1分遅くなっている)。

元京王3000系は大学生の時に2年間通学で乗っていた電車ですが、さして高速とは言えなかった井の頭線での走りが懐かしく思えるほどのとろくさい走りには涙が出ますね。


松本電鉄はアルピコグループの経営破綻や途中にある鉄橋の老朽架け替えに絡んで公的支援を要求している状態ですが、架け替え以前に、バスより遅いような代物を金をかけて残す価値があるのでしょうか。最高速度50km/h、加速度2km/h/s、どんな路線バスでも松本電鉄並みの線形の道路があればこれよりは速く走れるのですから。

正直なところ松本駅からバスが走っていればそっちの方がマシです。上高地に行くのに乗り換える必要がないのだから。平行しているR158が渋滞するというのなら、かしてつバスが先鞭をつけたバス専用道化の方が上高地への観光客には便利でしょう。観光輸送の輸送力と言っても、どのみち新島々から先はバスになるのだから、バスの輸送力以上の輸送力を誇ったところで意味がありません。よって、この点でも問題はありません。

画像

上高地へのバス

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
遅すぎる松本電鉄 レースとレールと、車に乗って/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる