レースとレールと、車に乗って

アクセスカウンタ

zoom RSS 土曜日の常磐道高速バスで東京駅へ

<<   作成日時 : 2010/10/03 17:34   >>

トラックバック 0 / コメント 0

MOTORSPORT JAPANの為に東京に行くのに、いつものように内原から常磐道高速バスに乗りました。

適当な時間に自宅を出て、内原バス停に着いた時点の最初のバスは内原発7:50のバスです。通常ならば10分ほど遅れてバス停にやってくるのですが、今回は遅れは2分でやってきました。また、いつもは数人はいるバス停ですが今回は他に誰もいない。なんだか妙な気分でした。

この後は順調にバスは常磐道を走っていきます。土曜日の朝ですから普通は首都高は八潮から先、小菅や両国の手前で渋滞するので、八潮PAで降りるのですが、その直前の放送で大幅な遅れが出る渋滞は無いとのことでした。所定ダイヤでは東京駅9:58着なので多少遅れてもお台場には午前中のうちに着く。ということで、何年かぶり、下手したら10年以上ぶりにそのまま土曜日の高速バスで都心に向かいました。

八潮PAには8:52(内原からいつもと同じ1時間)に到着した後、いよいよ都心に向かいます。しかし小菅JCT手前でほんの数分引っかかっただけで、9:06に拍子抜けするほどあっさりと向島ランプに到達しました。

向島ランプからは墨堤通り、吾妻橋と走って都営浅草駅に向かい、その先は浅草通りで上野駅、昭和通り(国道4号)で東京駅に向かいます。一般道区間で多少の渋滞とやたらめったらある赤信号に引っかかって、ちっともペースが上がりません。ところが、結局は都営浅草駅着9:15頃、上野駅着9:24頃となり、最後の最後に外堀通りから永代通りに出る交差点で、なぜか永代通り側が詰まっていてなかなか右折できなかったのですが、所定より14分早い9:44に東京駅日本橋口に到着しました。

随分前に乗った時には上野駅着の時点で所定より数十分は遅れていて、うんざりしてここで降りて東京駅に山手線で向かったことがあるのですが、今回は拍子抜けしました。いつものように八潮で降りていると、たぶん八潮9:08発の区間快速で秋葉原着9:25の電車に乗ることになったはずなので、つくばエクスプレス乗り換えよりは実質的に15分ばかり時間がかかった計算になりますが、100円の差額を払うほどのものでもないかなという気もします。


降車客を見ていましたが、東京駅まで乗り通した人より上野駅で降りた人の方が多かったようです。上野−東京間は20分ほどかかっていますから、東京方面へ行く場合でも上野で降りた方が速いでしょうし、運賃はせいぜい数十円しか変わらない(都区内発の切符なら同額)という理由もあるのでしょうか。

元々上野に立ち寄る理由は箱崎での渋滞対策だったはずで、さらにそこに浅草も追加されたわけですが、どのみち小菅JCTは通る必要がありますし、箱崎先頭の渋滞もさほど大きな問題でもなくなりつつあり、また、八潮PAでのTXとの接続も行うようになりましたから、都心部での首都高渋滞対策のあり方も見直す時期のような気もします。

さらに言えば、下りのバスが宝町ランプまで迂回させられる東京駅前の交差点もいい加減何とかして欲しいものですが。まっすぐ行けば2分程度のところを右左折を繰り返して10分かかるのは無駄もいいところですし。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
土曜日の常磐道高速バスで東京駅へ レースとレールと、車に乗って/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる