レースとレールと、車に乗って

アクセスカウンタ

zoom RSS 常磐線特急も縮小均衡の時代か?それとも

<<   作成日時 : 2010/12/08 20:53   >>

トラックバック 0 / コメント 1

JR東日本から常磐線特急用新型車両E657系の発表がありました。内容的にはスピードアップは加減速度向上分が期待できる程度でしょうね。せいぜい1,2分というあたりか。

いわき駅での系統分割がニュースでも取り上げられていますが、それよりも何よりも、驚いたのは編成です。
グリーン車付きの10連固定。これには正直、目を疑いました。

常磐線特急は朝の上り、夕方下りにはE653系14連を含め、651系やE653系の11連の列車が走っている列車です。普通車の定員はそれぞれ
E653系14連:932名
E653系11連:734名
651系11連:602名
です。E657系の編成は10連固定のみ発表です。もちろん20両編成なんてことは出来ませんから、上記編成の列車もまたE657系10連で置き換えることを意味します。普通車の定員は大幅減の570名です。

確かにE653系14連と言っても、指定席が満席という訳でもないし、上野−土浦くらいしか自由席でも輸送力不足にはなっていないとは言えますが、私には縮小均衡の見本にしか見えません。現在上野−土浦間の列車を水戸(勝田)まで延長すれば夕方下りについては輸送力は増えますが、朝の上りはそうはいきません。増発だって朝の上りはおいそれとはできないでしょう。


常磐自動車道も2011年度には東京−相馬という常磐線特急の上野からの乗客が乗る区間を網羅する地点まで伸び、2014年度には亘理まで全通しますから、いわきー仙台間の輸送では単線の常磐線特急より高速バスの方が速くなるでしょうね。私だって東京へはプライベートではもっぱら内原BSからの高速バス利用が最近は主ですし。常磐線特急だって朝上りなんて速くもないし、夕方下りだって20時過ぎてしまえば通勤特急に毛の生えたような代物だし。

そういう意味ではスピードアップを放棄したようなE657系投入は、在来線特急の限界を如実に示したものなのでしょう。
(あのTRY-Zでの試験結局何だったのだろう)


浮いたE653系は(いわき−仙台特急への転用だけでは当然余る)耐寒耐雪構造を生かして、恐らくは羽越線高速化や北越置き換えに回るのでしょう。シートピッチやグリーン車の問題はありますが。耐雪構造ではない651系は首都圏の波動用183/189系あたりの置き換えくらいかな。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
常磐線は、急行ときわが多数走っていた頃から、あまり時短は図れていない。新型車両の投入は希望だけれども、利用者の希望しない運用の仕方では、利用者から見放されていく結果になってしまうのではないかと思う。
旅人
2010/12/11 18:22

コメントする help

ニックネーム
本 文
常磐線特急も縮小均衡の時代か?それとも レースとレールと、車に乗って/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる