レースとレールと、車に乗って

アクセスカウンタ

zoom RSS 青い森鉄道ダイヤ改正、しかし

<<   作成日時 : 2011/02/10 23:48   >>

トラックバック 0 / コメント 2

八戸駅での新幹線との接続が明らかに悪くなり、あげくに、八戸線共々八戸駅の乗り換え口が閉鎖され、一度改札を出て(切符を買い直して)から乗り換えることになった青い森鉄道のダイヤ改正内容が発表になりました。

何はさておき、既に発表されている東北新幹線のダイヤと並べて見てみます。

確かに、一部は良くなっているのは分かる。下り新幹線が1本遅い列車まで接続する電車も新設されたのも分かる。
しかし、まるで接続しない列車はまだまだたくさんある。
乗り換え時間6,7分というのも結構あるけれど、一度改札を出る必要がある以上、誰でも大丈夫とは言い難い。


東北新幹線全通後の出張では三沢を避けて七戸十和田駅を何度か使っています。その時にタクシーの運転手と話をしたことがあるけれど、これからは三沢ではなくて、七戸十和田駅を中心にした営業しないといけないなぁという話だった。実際、三沢駅拠点のタクシーの方は確実に客が減っているそうで。それに、三沢−八戸間の青い森鉄道運賃が550円も上乗せになる一方で、東京−八戸と東京−七戸十和田の料金差は210円しかないわけですから、三沢駅の方が確実に近い場所でもないと、七戸十和田の方がずっとマシ。

私にとっては青い森鉄道がどうなろうとどうでもいいし、東北新幹線に乗れればそれでいいわけで。三沢駅にたいして駐車場が無いし、距離自体、三沢駅も七戸十和田駅でもほとんど同じ(三沢市内を通らない分、七戸十和田の方が実質的には近い)なので、普通に車で七戸十和田駅に出てしまえばいいのだけどね。


(追加)
折角なので、改正前後での八戸での接続を比べてみた。
画像

斜体にしているのは接続時間が30分以上の列車、赤背景は改正前の新幹線、緑背景は改正後の新幹線(はやぶさ)。

確かに下りでは3本ほど改善されているのは分かる。けれど、上りは何も変わらず。
ていうか、下りの新幹線にしても、東京発の1番列車の八戸着が9:32だから、三沢以遠へまともに接続するのは八戸着14:04の新幹線まで無いという状況は全然変わっていない。
上りは何も変わってないし、日中の接続は上下ともに寒いのも変わっていない。

東京−三沢で八戸での接続時間が30分以内ですむのは、上下ともに10本になった)だけなので、要するに酷すぎた下り列車が上り並になっただけのことです。七戸十和田停車の東京発着新幹線も10往復なので、乗り換えが無く、料金も安く済む七戸十和田の方がマシという状況は何も変わらないわけです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
要するに大して青い森鉄道を使わないクセに自分の都合だけは文句は一人前に言るんですね(笑)

どうでもイイと言ってるのにご丁寧にダイヤ表まで載せて。
文句あんなら新幹線も使わないでください。
カキーン中毒者
2011/02/20 00:57
何を言いたいのか知りませんが、「便利なら乗る、不便なら乗らない」それだけのこと。
赤い砂兎
2011/02/20 06:56

コメントする help

ニックネーム
本 文
青い森鉄道ダイヤ改正、しかし レースとレールと、車に乗って/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる