レースとレールと、車に乗って

アクセスカウンタ

zoom RSS 今更な石北線と池北線の比較

<<   作成日時 : 2011/07/01 00:06   >>

トラックバック 1 / コメント 0

とてつもなく今更の話ですが、Twitterの方で先日話題になったので改めて調べてみました。

札幌−北見間に特急を走らせた場合にどっちが速いのか。根室本線が滝川経由時代には話にならないので石勝線開通時から。この当時はキハ80系が幅を効かせていて、やっとキハ183系がおおぞらと北海に投入されたばかりです。

おおぞら 札幌−池田:キハ183系 3時間27分
オホーツク 札幌−北見:キハ80系 4時間55分

池北線で石北線に対抗しようと思うと池田での方転時間をあわせて池田−北見を1時間28分で走る必要があります。営業キロは140.0kmですから表定速度95km/h。キハ183系の最高速は投入時では100km/hですから土台無理で、オホーツクの石勝・池北線経由化はありえないことになります。

その後、おおぞらはキハ183系500,550番台投入でスピードアップしていき、最終的にはキハ283系の投入まで進みます。一方でオホーツクはJR北海道の中で最も古く遅い車両のままになり、立場が逆転しそうです。

今のダイヤを基準に考えると

おおぞら 札幌−池田:キハ283系 2時間27分
オホーツク 札幌−北見:キハ183系 4時間26分

池北線を1時間59分で走ればよく、必要な表定速度は方転に3分要するとして69km/hでよいので、確かに石北線より池北線の方が良さそうに見えます。

しかし、オホーツクの車両もいずれ置き換えになるはずです。キハ261として、オホーツクとスーパー宗谷は札幌−旭川で9分ほど異なるので、何もしないでも札幌−旭川で9分短縮になり、さらに、サロベツとスーパー宗谷の名寄−稚内間の所要時間差を考えると、石北線内でも5分くらいの短縮は可能でしょう。

おおぞら 札幌−池田:キハ283系 2時間27分
オホーツク 札幌−北見:キハ261系想定 4時間12分

となります。池北線に要求される仕様は方転3分を考慮して1時間42分で走りきることで、表定速度は82km/hが要求されます。キハ283系の能力を生かす為にはそれなりに地上設備への投資は必要でしょう。しかし、金をかけて同等なものを作っても意味がありませんし、女満別−札幌(新千歳・丘珠)の航空機対抗を考えても4時間は切りたいところです。

ということで、さらに15分短縮を考えます。この場合、池北線と石北線に要求される仕様は

池北線:営業キロ140.0km、所要時間1時間27分、表定速度97km/h
石北線:営業キロ184.7km、所要時間2時間32分、表定速度73km/h

となります。いかに石北本線より池北線の方が高速化が容易くとも、必要な仕様を満たすことに対する難易度を考えると、池北有利とは思えません。それに、北見−旭川にバスはあっても北見−帯広にバスが無いことを見れば、旭川への特急の一部が帯広経由になりかねない施策が簡単に受け入れられるかどうかということもあるし。

画像

こいつをさっさとキハ261に置き換えて高速化してりゃ、余計な雑音も無かったろうに

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ここは酷いサクラですね
痛いニュース(ノ∀`) : 「ファン800人が羽田で歓迎」のチャン・グンソク 実際は「謝礼2000円」の応募者100人だった - ライブドアブログ http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1637609.html ...続きを見る
障害報告@webry
2011/07/01 06:05

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
今更な石北線と池北線の比較 レースとレールと、車に乗って/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる