レースとレールと、車に乗って

アクセスカウンタ

zoom RSS R338の泊・白糠トンネルを走る

<<   作成日時 : 2013/03/15 18:44   >>

トラックバック 0 / コメント 0

実は3ヶ月も前に開通していたのを知らなかった、というか、冬の間そっち方面に行かなかったので知らなかったのだけど、国道338号線の泊・白糠トンネルが開通していたんですね。

今日、たまたま尻屋崎方面(肝心の岬へ通じる道が冬期通行止めだったけど)に走って、開通しているのを知りました。

南側の取付道路はまだ未完成で、工事の時に作った迂回路のままでしたが、工事看板を見たところ3/25になっていました。

集落を通る旧道は、崖に沿って曲がりくねった山道なのはもちろんのこと、大型車のすれ違いが困難な道幅しかない道で、15年ほど前に観光バスで初めて通った時には、ホントに通り抜けられるの?と疑問に思うほどでした。

画像



それにしても、着工から25年とは。いかにトンネルとは言え、時間がかかりすぎですよねぇ。共有地というのはトンネルの北側のことなのかな?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
R338の泊・白糠トンネルを走る レースとレールと、車に乗って/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる