レースとレールと、車に乗って

アクセスカウンタ

zoom RSS GPSレシーバーの比較

<<   作成日時 : 2013/06/30 19:28   >>

トラックバック 0 / コメント 0

天気が曇りで今一つとは言え、家に篭もっているのは詰まらないので、グリーンふるさとラインを走ることにしました。ついでなので、山の中のワインディングでのGPSレシーバーの精度も比較してみることにしました。

昔から使っているPC用のGPSレシーバーは、SiRFstarIIIというチップを使っているBU-353ですが、モバイルノートと一緒に使う必要があるので、気軽に携帯して使えるMTKというチップを使っているHOLUXのm-241を買って、今はこちらをメインに使っています。

購入時に見た比較サイトでは精度は優劣つけがたいとなっていて、確かに開けた平地ではそう思う。しかし、ワインディングを走ったログを見ると、どうも精度が落ちるような気がする。ということで、両方を車に持ち込んで走ってみました。

南からグリーンふるさとラインを走ってみましたが、空が見えている場所では、どっちも時々道路を外すことがある程度で、強いて言えばBU-353の方が外すことが少ないかな?という程度で、甲乙付ける必要ないな。と思うのですが、完全に山の中のすれ違いができないような道に入ってしまうと、差は顕著に現れました。空は完全に木に覆われている場所では

画像


こうなりました。水色がBU-353、ピンクがm-241、薄い黄色がGoogle Earthに表示される道路の線です。m-241の方はこの区間ではほぼ完全に道路を外していますし、場所によっては位置のデータが飛び続けてます。

単純にチップの感度の差なのか、受信したGPSデータを処理する能力の問題か分かりませんが、ここまで差が出るとは正直思っていなかった。


グリーンふるさとラインを走って、切りのいいところでR349に抜けようと思ったら、小山ダムが見える交差点で県道に入った方がいいんだなと、そのまま終点まで走って、R349まで険道をZ34で延々と走る経験をして痛感した。運転してて三半器官がおかしくなって吐きそうになった。自分で運転してるのに車酔い。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
GPSレシーバーの比較 レースとレールと、車に乗って/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる