レースとレールと、車に乗って

アクセスカウンタ

zoom RSS 日豊本線特急のGPSデータ

<<   作成日時 : 2016/05/07 23:41   >>

トラックバック 0 / コメント 0

GWは九州一周旅行で、復旧した九州新幹線と日豊本線特急で移動しつつ、レンタカーで観光していました。

日豊本線を鹿児島中央から数日かけて移動したので、その際に乗った特急のGPSログを並べてみる。
ただ、強風で遅延とか、遅延してない列車では電池切れでログが飛んだりとか。
結局綺麗なログは取れなかったけど、日豊本線のいいとは言えない状況が分かる。

画像

まずは鹿児島中央から南宮崎までのきりしま14号。鹿児島近郊以外は遅い。最高速85km/hの電車特急は何の冗談かというレベルです。強風で対抗列車が遅れた影響で都城−南宮崎で交換待ち等で遅れています。

画像

南宮崎でにちりん26号に乗り換えて延岡に移動。こちらも遅延して南宮崎にやってきました。また、大淀川鉄橋で徐行しているので宮崎までが時間がかかっています。その代わり、途中の交換待ちあがなくて宮崎−延岡間は所定より速い1時間04分。ただ、都農前後のログが無い。
ここは高速化しているのと線形も比較的いいので110km/hで結構な区間走っています。(これが宮崎県内の最高速なんだよな)

画像

翌日はにちりん22号で延岡から大分に移動しました。ここは佐伯−大分は高速化(110km/hですが)されていますが、延岡−佐伯はやはり最高速度85km/hです。しかし、実際には60km/h前後で延々と走っている。
なお、これまた大分手前で遅延しています。

画像

そのさらに翌日は、ソニック52号で大分から博多に移動しましたが、そのうち小倉まで。鹿児島線内では基山での人身事故のあおりで遅れましたが、日豊本線でも行橋−小倉間で妙な減速があり、小倉には数分遅れでした。
とはいえ、振り子の効果もあって130km/hを結構な区間で出しています。ただ、別府−中津間の線形は厳しいことが分かります。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
日豊本線特急のGPSデータ レースとレールと、車に乗って/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる