レースとレールと、車に乗って

アクセスカウンタ

zoom RSS アバルト124 vs フェアレディZ34 加速比較

<<   作成日時 : 2016/10/10 08:36   >>

トラックバック 0 / コメント 0

今乗っているフェアレディZ初期型とアバルト124の一番の違いはやっぱり乗り心地かなという気がする。

124の試乗では荒れた道は走っていないけど、初期型Z34よりはかなり乗り心地は良さそうな印象だった。Zの最新のサスペンションはかなりしなやかになっているという話だけど、乗ったことがないから分からない。加速だって負けていない。というか、124のノーマルモードのままでの短い試乗で試した範囲では、中低速加速はZ34に匹敵すると感じた。体感が正しいのかどうか、実際に比べてみた。

アバルト124のトルク曲線はネットで探してきた同じエンジンを載せた他車の実測値が見つかっただけだけど、これとカタログに載っている250Nm/2500rpmと照らし合わせ、ダウンサイジングターボでよくあるトルク曲線で考えると、250Nm/2500-4500rpmというあたりになるだろうか。

フェアレディZ34のトルク曲線はメーカーカタログに載っていて、345-360Nm/2400-5200rpmという辺り。ざっくり約350Nm/2400-5200rpmと考えても問題なさそう。

車重は私が持っている初期型バージョンSだとぴったり1500kg、最新モデルだと若干重くなって1520kg(どうでもいいが重量税が1ランク上がるのは痛いぞ)。アバルト124は1130kgしかない。

エンジン出力は、トルク×回転数に比例するので、中低回転域での出力はアバルト124はフェアレディZの72%という計算になる。一方車重はZの初期型との比較で75%しかない。(現行型だと74%) 車重の比率より出力の比率の方が若干小さいとは言え、中低速域でのパワーウェイトレシオは124とZ34はほぼ同等と言える。もっとも0-100km/h加速はZ34が5.3秒に対してアバルト124は6.8秒だから意外と差があるのだが、これはターボが効くまでの差が効いているように思う。ターボが無いとただの低圧縮比1.4リッターNAだから。

むろん、5000rpm以上まで伸びるZ34の方が最高速も高回転域での加速もずっと勝る(最高出力は125kWと247kWで約2倍の差があるんだし)のは言うまでもないけど、日常用途での加速力は同等と言って差し支えないだろう。

自動車税は1.4リッターと3.7リッターでは32,000円も違うし、現行型だと自動車重量税も違うんだよな。(初期型だと同じ) Z34ロードスターがクーペより数10s重かったことや値段はさらに高かったことを考えると、オープンスポーツカーとしても124はいいなぁ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
アバルト124 vs フェアレディZ34 加速比較 レースとレールと、車に乗って/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる