レースとレールと、車に乗って

アクセスカウンタ

zoom RSS のぞみの降雪徐行と回復運転

<<   作成日時 : 2017/01/14 21:03   >>

トラックバック 0 / コメント 0

今日は強い寒波のために東海道新幹線沿線も雪。

とは言え、昨日までの関西での仕事が終わり、今日は帰宅日なので乗らないわけにはいかない。それに早得21で買ってるから変更すると高くなるし。

なにはさておき、新大阪でのぞみに乗り込みました。遅れが最初から分かっている。ということはその後は回復運転があるはず。降雪による徐行の後、どの程度回復するのか、こんな楽しいネタを見逃す手はない。ということで、GPSでログを取る。

滋賀県に入ってからは地上が真っ白になり、それと共に速度も落ちた。とはいえ最低でも118km/hくらいは出ていて、在来線特急並には走っている。そして名古屋を12分遅れで発車。その後は時々速度が落ちることがあるのを体感しつつも、車体傾斜しても消せない遠心力をずっと感じつつの走り。最終的には東京駅には所定より5分遅れまで回復していました。

画像



名古屋-東京は1時間32分。最速のぞみより1分速い。去年のGWに経験したのぞみ緊急停車とその後の回復運転のログと照らし合わせると、東京−新大阪の全力疾走の実力は2時間19分というあたり。昼間時間帯の標準的なのぞみでも11分の余裕を取っていることになる。


せっかくなので、手元にある最速走行のログを繋げて、2時間22分走行ののぞみのログと並べてみた。黒がのぞみ26号の名古屋−東京とGWののぞみ23号の名古屋−新大阪の合成。ピンクがのぞみ431号のログ。

画像


1ヶ所のぞみ431号の方が速いところがあるけど、この間の時間差は20秒。いずれにせよ、米原−京都での300km/h運転実施の暁には、東京−新大阪2時間10分台を希望したいなぁ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
のぞみの降雪徐行と回復運転 レースとレールと、車に乗って/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる