レースとレールと、車に乗って

アクセスカウンタ

zoom RSS Super GT第2戦 レクサスデー

<<   作成日時 : 2017/05/05 23:08   >>

トラックバック 0 / コメント 0

富士スピードウェイでのSuper GT第2戦はGT500は戦前の予想通りZENTセルモレクサスLC500が優勝、ついでに表彰台も独占でした。

レースとしてはGT-R, NSXの中で唯一上位に進出で来たニスモのGT-Rが何とか4位に入りましたが、展開としてはLC500の引き立て役。auトムスとサードの接触がなければ、上位5位までをLC500が独占してもおかしくなかった展開でした。

一方のGT300ではまさかのJames レクサスRC F優勝で、こちらは驚きました。そうなると60号車の方のRC Fが岡山と富士共にいま一つなのが不思議です。とはいえ、2クラスともレクサスが優勝で、場内実況ではレクサス祭りと言ってました。

画像


画像


レース中盤、フロントを破損したサード平手を猛追するauトムスの代打、伊藤監督の争い。この後、まさかの接触でauはペナルティ、スピンを喫したサードが終盤に失速して順位を落としたのだけど、レクサスコーナーでコバライネンがスピンするまではサードはニスモの直後を走れていたわけで、これを考えても、やはり現状でLC500とGT-Rの差は大きいなぁ。

画像



これにてウェイトはKeeperトムス、ルマン、セルモが60kg前後になるのだけど、今年のウェイトハンデでは実ウェイトは40kg強で燃料リストリクター縮小で最高出力が11kWほど低下する。ただ、オートポリスって最高出力がそんなに影響するかなぁという疑問がある。さらに、auトムスがニスモと同じ24kg、サードが30kgでニスモとのウェイト差が縮小。NSXの中で一番決まっているレイブリックも10kg積むから、LCとの差は14〜35kgしかない。

テスト結果から考えても、このままでは第3戦オートポリスでもレクサス上位独占の可能性は大きそうだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Super GT第2戦 レクサスデー レースとレールと、車に乗って/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる