JLMCは今年限りと発表されたけれど

去年始まった全日本スポーツカー耐久選手権、別名、JAPAN LE MANS CHALLENGE (JLMC)は今年一杯で中止することがSEROから発表されました。別に新しくエントリーを立てるつもりは無かったのですが、ACOのWEBサイトを見ると、何やら表現が違います。

http://www.lemans.org/sport/sport/actu/2007-07-20_NC_2455_gb.html

がこれに関するニュースですが、見出しからして
Japan Le Mans Challenge: The ACO increases its involvement in Asia
です。確かにAUTOSPORT WEBでもACOがアジアでのシリーズ開催を考えているような記事はありましたけど。

さらに本文は全部引用すると
As our partner, the company COX Incorporated, has chosen not to continue organising the Japan Le Mans Challenge after 31st December 2007, the management of the ACO (Automobile Club de l’Ouest) has decided to take up the promotion of these events from 2008 on.
となってます。普通に読めば、「COXはJLMCのオーガナイズを続けないことを決めた」としか読めません。つまり、JLMCの開催を中止するとは書いてない。しかもACOが2008年からのプロモーションをやるとなってます。

ちなみにCOXの代表ってSEROの代表と同一人物ですが、一応レースのオーガナイズしているのはSEROのはずで、なんでここにCOXが出てくるのやら。(笑) それはともかく、今年で終わるのはSEROのオーガナイズであって、選手権そのものはACOが中心になって、さらにアジア(ってどこまでの事だ?)まで範囲を拡げてやるつもりだということ?

真面目な話、アジア言うても広うございます。中東からならLMESに出る方が近いでしょう。Super GTのマレーシア戦すらそれなりに金がかかって、GT300のプライベーターの中にはエントリーしないチームがあるくらいなんですが。

それでも、アジア選手権ならば、日本だけでやるよりエントリーは集まるでしょうし、その1戦ないし2戦ほど日本でやってくれればいいと思いますけど。エントリーが増えれば客も増えるでしょうし。うちからツインリンクもてぎまで一般道で1時間で行けるので、去年は一応見に行きましたが、今年は無視しました。天気も悪いという予報だったし。ウェットレース自体は見るのは大変だけど面白いレースになることが多いから好きなんですがね。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック