プレッソ納車から1ヶ月

1月にプレッソを受け取ってから1ヶ月になりました。今回は手数料の出費などを抑えるために、登録を自分でやりましたが、終わってみれば意外と簡単だったな。というのが終わってからの感想です。

登録のための回送に必要な仮ナンバーを取るのに、一度地元自治体を通らねばならないルートを書く必要があるのはなんだかな。と思いますが。中古車屋から陸運支局まで行くのに、地元自治体なんてかすりもしないのに。

色々と何かを付けてはテストドライブとかやっていたので、この1ヶ月の走行距離は2250kmに達してしまいました。任意保険は16000km/年で契約したので、走りすぎですね。もっともその代わり、Zの方は1ヶ月で270kmしか走っていません。これは妙に週末が寒くて、オープンで走ろうという気になれなかったのも大きいですね。10℃を越えれば走れるのですが。これからはZで走る機会も増えるでしょうから、16000kmを越えることはないでしょう。

1ヶ月での給油量は、211.38Lで、この間トリップメーター読みで2164.9km走りましたので、平均燃費は10.2km/Lになりました。うち高速道路走行は665.8kmありますので、3分の1程度です。可もなく不可もなしというところでしょうか。同じような走行条件のZよりはマシだと思います。

高速道路だけを走るとどうなるのか?は3月のタイムマシンフェスティバルなり、4月頭のフォーミュラ日本開幕戦で富士スピードウェイに行く時にでも分かるでしょう。Zで淡々と走ると13.5km/Lくらいはいくのですが、これを越えることはできるのかな?100km/hで走ると3100rpmくらいのプレッソと2300rpmくらいのZでは、排気量ほどの差は無いはずだし。もちろん約400kgの車重差は効くと思うけど。


プレッソに乗っていることの最大の問題は、週末Zに乗ると。
 クラッチが重い!(エンジンかける時)
 シフトストロークが短けぇ!ついでに近い (1速に入れる時)
 ABペダルもステアリングも重い!(動き出す時)
と、操作感覚の余りの違いに、しばらくはド下手くそな運転になってしまうことですね。特に最初の発進は人には見せられません。あんなに操作系の重い車だったのかと認識を新たにします。反対の場合には別に違和感感じないのに。数km走れば、なんとか感覚は戻ってくるんだけど。

反対にいいこともあって、あんなに駄目駄目だと思っていたZの椅子が、とってもいい椅子に感じる。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック