カセットテープアダプタを買ってみる

プレッソのオーディオはポータブルMP3プレーヤーをFMトランスミッター経由で聞いているけれど、電波状態が不安定なこともあって、やっぱり何とかしたいところ。

しかし、AUXにすると音がまるで聞こえない。カセットテープを差してみても、聞こえるけど妙に音が小さい。カセットテープアダプターを買ってみようかと思いつつ、どうしても踏み切れない状態でした。

グダグダ言う前にオーディオ本体を交換してしまえばいいのですが、ここでネックになるのが、グレードがFi-X SVということ。SVのDSPデジタルオーディオシステムはかなり特殊な配線系統になっているらしく、オーディオメーカーの適合表を見ても非対応だらけ。

とは言え、どうせショップで交換してもらうのだからということで、イエローハットに行ってみました。結果はやっぱり駄目。リア4つのスピーカーを2つに交換する上に配線引き直しという大手術が必要になるとのこと。加えてリアスピーカーのコーンが割れているらしい(実際音割れてるし)。結果工賃とスピーカー含めて安く見て5万円近い出費になりそう。

そこまで金をかける気は無いので、とりあえずカセットテープアダプターを買ってみました。どうせ1000円くらいのものなのでスカでも諦めもつく。買って後悔してしまえば買わないままグダグダ悩むよりマシ。

結果はやはり音が小さい。けれど、AUXと違って聞こえない程ではない。エアコンの風量が大きくなると聞こえないけど、街乗りでは聞えるくらいには音が出ている。高速巡行では怪しいものだけど、街乗りでは何とか使えそうです。少なくとも、FMトランスミッターをちまちま調節しているよりはマシかもしれない。


たぶん、アンプの調子が悪いのだと思うけど、どうしよう。マツダのショップに持っていってみるかなぁ。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック