E-520のオリンパスブルー@水郡線

プレッソをディーラーに持ち込む前、せっかくの快晴なので、E-520を持って近くの水郡線の撮影に出かけました。場所は昨日とは後台駅を挟んで反対側、常陸津田-後台間の直線です。

ここでもレンズを換算28mmに固定して、広角レンズでローアングル気味に狙ってみますが、ちょっと場所の選択を誤った。
普通に撮るには全く問題ないのだけど、構えられる場所の問題で、道路沿いに立っている電柱の影が思いっ切り車体に被ってしまった。

画像


結構綺麗に空が青く出ているのですが、実は、E-300でのぶらり鎌倉号等や、物井-佐倉間の写真ではシャッター速度1/1250秒で、前者はF6.3、後者はF5.6で撮っているのに対して、今日のE-520では同じ1/1250秒で、F8.0まで絞っています。レンズも同じZD14-54mm F2.8-3.5ですが。


もちろん、同じ青空でも多少時間帯が異なりますから空の明るさは違うはずですし、構える位置と線路の高さとの問題で、今日の方があまり空を向いて撮っていないという違いはありますが、今までのE-520では絞り込みが足りなかったと言えるかもしれない。

最初の写真は色合いをNATURALで撮りましたが、これをVIVIDに変えるとこうなりました。

画像


ドアの黄色の部分でもはっきりと違いが出ていますが、VIVIDの方が赤みが強く、空の青もより綺麗で、文字通り鮮やかに見えます。ただ、深みという点ではちょっと違うかな?VIVIDよりもNATURALをベースにホワイトバランスをいじった方がいいかもしれない。E-510の時はVIVID固定で使っていたのですが、E-520ではまだ迷っているところです。

露出という点でも、元々コダックブルー(またはオリンパスブルー)は、適正よりも少し絞ったくらいで綺麗に現れるのですが、E-520はかなり絞る必要があるかも。別にE-300の色を絶対視するつもりはないけど。

なお、最初は一人で撮っていたのですが、なぜか何人か同業者がやってくる。
こがねは走るけど、時間帯的に順光になるのは後追い側。はて?と思っていたら、水戸駅への回送が走っているのでした。

画像


ということで、水戸駅へ回送される「こがね奥久慈号」の回送です。(色合いはNATURALに戻した)
電柱の影が無ければなぁ・・・

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック