プレッソのタイヤ交換

プレッソ購入時に履いていたBSのPlayzの溝はまだ残っているけれど、ショルダー部にひび割れがかなり入ってきているので、タイヤ交換することにしました。

大事に走ればあと数ヶ月は持ちそうですが、あまり気分のいいものではないし。それに、プレッソの次のセカンドカーとして考えている最有力候補、トヨタiQの1.3リッター6MT車がいつ出るのか、雑誌の記事だとスポーツが来年の3月だの9月だの書いてあるし、オープンも来年秋に予定されているとか。今年の秋には1.3リッターが追加されるようだけど、雑誌情報だとCVTだけみたいだし。

次候補のデミオも考えているし、マツダのディーラーからは13年たった車を廃車にすると25万円補助が出ることもあって招待状も来ているけれど、現状でプレッソを廃車にするにはインパクトが無い。来年にはマイナーチェンジがありそうだし、アイドリングストップのi-stopが搭載されてからでも遅くはない。ていうか、ミラーサイクルにもMTが欲しいぞ。

足回り等はマツダスピードから独立したオートエグゼのサスペンションを組めばいいので、純正のSPORTにこだわることは無い。

第3候補のパッソTRDスポーツMもいいんだけど、現状ではやっぱりプレッソから乗り換えるだけのインパクトが自分には無いし、パッソ自体がもうすぐフルチェンジなのと、どうせなら減税対象になる方がいいので、今回はパス。


ということで、タイヤ交換して物欲抑制に走りました。今までタイヤはスポーツタイヤしか履いたことが無いのだけど、フェアレディZがあるので、今回のプレッソには毛色を買えて、「タイヤで燃費は変わる」と宣伝されている、横浜タイヤのDNA ECOSにしてみました。Earth-1にしたかったのだけど、205/55R15の設定が無いので仕方ない。しかし、工賃込みで44000円だったけど、55タイヤも安くなったものです。


燃費がどうこうよりも、この手の技術に興味はあるので、やっぱり自分で試してみたい。4%の燃費向上なんてリッター10kmが10.4kmにしかならないわけで、こんなの走行条件の差に埋もれてしまうので、たぶん、効果を実感することなんてできるわけないし。


とりあえず、皮剥き終わっていない状態ですが、グリップ感はさすがにPlayzに劣る。ただ、ロードノイズは意外に小さく感じる。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック