フォーミュラ日本第3戦

ツインリンクもてぎでのフォーミュラ日本第3戦は、フォーメーション開始5分前とほぼ時を同して雨がパラパラと降り始め、その後、スリック、レイン、スリック、レインと慌ただしく路面状況が変わる中、小暮が優勝でした。

レースは1周目が終わらないうちに10台に減り、最終的には完走7台という完走率の低いレースでしたが、展開は随所にバトルがあり、最後はレインの小暮がスリックで賭けに出た塚越を追い上げて最後2,3周の所で逆転するという見応えのあるレースでした。

その小暮は、序盤、S字からV字コーナーへのバトルで塚越に抜かれ、その後90度コーナーで2回コースアウトした時はどうなるかと思いました。中盤以降は順調にトップをキープして、最後の雨の中でスリックの賭けに出た塚越を追いかける走りは圧巻でした。

とは言え、最終的にファイナルラップの90度コーナーで石浦に抜かれて表彰台を逃したものの、やはりレースで一番目だったのは塚越でしょう。序盤トップに出た後、迫るロッテラーを押さえ続けたのも見事でしたし。

画像


画像


予選11位から気がつけば2位に上がってきたトレルイエの走りもさすがでした。

画像



最後は90度コーナーでコースアウトして消えてしまいましたが、大嶋も序盤は次生を抜いたり、トレルイエを激しく攻めたてたりと、今回のレースは魅せてくれました。

画像



今回も全くいいところが無かった次生は、次の富士での巻き返しを期待したいところです。

この記事へのコメント

2009年06月01日 21:58
雨のレース,低い完走率。

しかし各チームがそれぞれの戦略を持ち,見ていて楽しいレースでした。
赤い砂兎
2009年06月02日 15:25
いきなり3台消えたりとか、台数的には寂しいものでしたが、最後まで見ていて気が抜けないレースでしたね。

でも、せめて、本山、クインタレリ、オリベイラの優勝経験のある3選手は走って欲しいですけど。

この記事へのトラックバック