オープンスポーツもいいけど、普通にMT売ってくれ

ベストカーの最新号の本誌はもちろん、BIGLOBEのベストカーのページにもトヨタiQベースのスポーツカーが出ています。

Z33ロードスターに乗っていたくらいなので、オープンスポーツは好きなんだけど、それ以前に、今年の夏予定の1.3リッターエンジン車に普通にMTを用意してくれる方がよほど嬉しいのだ。iQに限らないけど、ヨーロッパはもちろんのことアメリカですら売っている日本車のMT車を、なんで日本人だけが買えないのか。

ATの比率が高いのは今更ひっくり返せるはずは無いけど、AT車ユーザーのそれなりの部分は、MT車の設定が無いけど、家庭の事情でどうしてもそういった車を買わなければならない人も含まれているはず。例えば、それなりの大きさのミニバンやセダンを買えば、自動的にMT車なんて買えない。あったとしてもファミリーユースには不向きかつ高価なスポーツ仕様しかなかったりする。

別の雑誌ではiQのGazoo仕様がカスタマイズカーで出るという記事もあったけれど、MTがあるかどうかは不鮮明な記事で、雑誌の特徴からいえばMTが書いていないということは出ないということだろう。それ以前に、持込み登録のカスタマイズカーは基本的に減税対象外なのでそれだけでコスト的に敷居が高くなる。パッソTRDスポーツMとかもいい例だろう。

画像


実際、ATでもCVTでもマニュアルモードがあって、F1似のパドルシフトもあって、ていうか、GT-Rやランエボを挙げるまでもなく、MTでもクラッチペダルを廃したスポーツカーが増えている状況では、スポーツカーですら3ペダルMT車は不要な存在になりつつあるとは言えると思う。


だがしかし。勝敗のかかったレースじゃあるましい、機械がコンマ数秒を争ったって何も面白くないのだ。
というか、Z34の試乗は7AT車だったのでそこでパドルは使ってみたけど、あんまり面白くなかった。ATならではのタイムラグも要因の一つではあるのだけど。


プレッソも1年半たって半年後には車検の時期なのだが、運転席側から雨漏りするようになったりとか、半年後にはブレーキパッドが限界を迎えるのは必定で、車検を取ってまで乗り続けるかどうかは迷っている状態です。しかし、現状で乗り換えようと思うと、スポーツカーの次に好きなコンパクトハッチバックが、MT車にこだわった瞬間に選択肢がろくにない。世間での評判はともかく、iQは凄く気になっている車なのだが、プレッソを捨ててまでCVTに乗る気はないし。

この点で一番選択肢にしやすいのはデミオなんだけど、こっちは出来ればi-stopの設定が欲しいなぁというのもある。やっぱり、どこか技術的に面白いところが無いとつまらんのだ。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック