冬の白川郷を歩く

今日というか今週末の東海地方は天気が悪い。山の方では雪。となると行ってみたい場所は一つです。ということで、名古屋から特急「ひだ1号」で高山へ。高山からはちょっと値段にびっくりしたバスで白川郷に行きました。

高山自体、行くのは13年ぶりですが、冬の高山は初めてですし、まして白川郷は初めてです。やっぱり合掌造りは雪景色でしょ。というのは、13年前に高山の民族村で見て以来勝手に思い込んでいることですけど。

画像


画像


画像


この後、こういうところこそラフモノクロームが似合うのではないかと、何枚か撮ってみました。

画像


画像


ラフモノクロームは飛ばすところは思い切って白く飛ばすのが似合うとこれまた勝手に思ってます。2枚目の方は食事、みやげ物の建物ですが大粒のぼた雪もあって、写真は凄く気に入ってます。

2時間ばかり歩き回って、最後はとちもちぜんざい(ちと高いとは思うが)を食べて、高山に戻りました。

この記事へのコメント

2010年03月09日 17:10
こんにちは!!

白川郷、私も一度行ってみたいものです。

値段にビックリしたって、どれくらいの値段だったんですか?
赤い砂兎
2010年03月09日 17:56
高山から白川郷までは片道2400円、往復買うと4300円です。この間は50kmくらいしかないのに。

同じバス会社でも帰りに乗った高山から岐阜までの高速バスは、所要時間が倍以上かかる距離なのに片道2500円ですし、普段よく乗る常磐道高速バスは100kmくらいの距離で2000円前後なので余計に高いと思ってしまいました。

白川郷を歩いていると高岡からの城端駅経由の路線バスと遭遇したので、そちらから行く方が安くあがるかもしれません。

この記事へのトラックバック