フォーミュラ日本公式合同テスト

フォーミュラ日本は8日と9日の公式合同テスト直前に、衝撃的なラインアップが発表されました。台数は1台増加する一方で、松田次生がシートを喪失とは。インパルのスポンサーは去年と変わらないのですが、ローソンが1台減少という結果です。雑誌では3台体制か?とも言われていたのですが。

既にFN参戦は無いことが分かっていたトレルイエや本山、ライアンに加えて次生も出ないということは、スイフトFN09の前のワンメイクシャシーだったローラFN06とB351の6年間のチャンピオンが一人も今年は走らないというのは、異常事態と言っていいと思います。さらに、去年のチャンピオンのデュバルもチームを変わるし、なんとなく、チャンピオン争いは既に絞られているような気もする。

それはともかく、今日は会社の業務の関係で仕事は休み。ということで名古屋に居座って午前中のFNテストを見てきました。午後までいると帰りが遅くなりすぎるので、午前中だけにしました。ただ、リニューアル後の鈴鹿は初めてなのでテスト前におおむねコースを回ってきました。

結局は、逆バンクとS字で撮ることにしました。逆バンクは実は初めてです。

画像

無限から参戦復帰の井出


画像

Tカーの立川


画像

ル・マンからデビューするコッツォリーノ


画像

KCMGから復帰の平中


2枚目はTカーを走らせていた立川選手ですが、体制発表ニュースで一昨年まで参戦していたチームも復帰を模索しているという記事があり、コンドーレーシングのことを匂わせているわけですが、そのコンドーレーシングのドライバーでもあったことを考えると、信憑性は高そうです。


でもって、午前中のタイムは、1位小暮、2位ロッテラー、デュバルは欠席(1号車を走らせていたのはヘルメットを見る限りライアンっぽい)のなかでは、「そうだろうなぁ」という結果でした。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック