北陸の青い475系

GWのドライブ旅行では、中央東線や北陸本線でも撮影しています。北陸は3日には丸岡-芦原温泉間で、4日は2度目になる寺井-明峰間で撮影しました。

寺井-明峰間では、青一色に単色化された475系の撮影もできました。実は、金沢観光後に松任まで乗った列車の折り返し運用の列車を迎撃した格好です。

画像


単色化については特にコメントは無いのですが、問題は車内です。塗り直されたということは検査入場明け間もないはず。検査と言っても色々あって、それぞれに内容も異なるので一概には言えないのですが、車内も綺麗にして欲しかった。窓枠とか壁、天井際等に痛みが目立つのはなんだかなと思いました。

話は変わって、寺井駅は旧根上町にあります。根上町と言えば松井秀喜選手の出身地なので、撮影した場所には応援看板が立っています。ということで、看板側を走る上り列車は正面が陰る時間帯ということもあるので、看板と一緒に写してみました。しかし、意外とタイミングが難しかった。

画像

ちょっと早かったか


画像

被った





地元出身のプロ野球選手、それも巨人の一軍選手となると、まさに郷土のヒーローですからね。私にとっては今年の開幕前に急逝された小林繁氏がまさにそういう人でしたし、町を挙げて応援していたのを今でも覚えています。私もその影響で巨人ファンになったようなものです。江川問題で阪神に移籍された後も、巨人ファンのまま(というかアンチタイガースです)でもやはり小林投手のことは応援していましたし。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック