JAFグランプリ決勝レース2

JAF GPのレース2を見てきました。

FNは追うべき人がスタートで失敗してロッテラーが連勝しましたが、その下では結構な接近戦の連続で楽しめました。ただし、オリベイラと小暮の不発が残念。
GT300は再びのフェラーリF430でした。バトル自体は昨日よりは少なかったとは思いますが、楽しいレースでした。ただ、FIA GT2との性能調整は見直しの余地があるかもしれない。
GT500は最後の最後にもつれましたがENEOSが逃げきり。気温のせいかタイヤが意外と厳しそうだったのが意外でした。従来の300kmレースの半分より短いはずなのに。昨日のZENTとは異なり最初はウィダー、最後にmjが接近して楽勝にはなりませんでした。

画像

今日の写真が無いので昨日の写真。総合ではSCが1~3位を占めました。

画像

昨日に続いての逆転優勝でした。

画像

平手のスタート失敗で追うべき人がいなくなったのが残念。


2日で6レース+サポートレースでかなり密度の濃い日程で、都合3日楽しめました。
ほとんどのレースが「選手権シリーズ」になっている時代ですが、こういう選手権とは違うイベントは楽しいですね。それが悪いということはありませんが、「シリーズ全体を考えてどうたら」なんていうのは「そのレースを見にきている観客」には決して気持ちいいものではないし。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック