在庫処分のDMC-GM1購入

マイクロフォーサーズのカメラはオリンパスの初代E-P1を予約購入して以来使っていましたが、購入時点からの機能的な不満点はありつつ、結果的には7年近く使い続けました。

LUMIX G3も持っていますが、LCD主体で使うとき用のもっと小さいのが欲しいと思いつつ、GM1の購入をずっと見送っていましたが、在庫処分品が安くなったので、ついにE-P1から買い替えました。レンズキットですが付属レンズの12-32mmはそのまま下取りにだしてしまいした。元々Panasonicの電動14-42mmを持っているので。

E-P1の不満点は、シャッターラグが大きいことと、MFレンズを使うときのMFアシストの拡大表示を出す手間が大きすぎること。特にデジタル水準器を表示させていると面倒。


ということで両者が解決されている上に、100g以上軽いGM1をやっと購入したのですが、なぜかいつも、新しいカメラを買った週末は天気が良くない。とはいえ、常磐線の踊り子をテストで撮影してみました。

画像


画像


シャッターラグがほぼ無視出来て、鉄道撮影でもストレスが無い。E233系はMinoltaのRokkor 55mm F1.8ですが、画面をダブルタップで任意の場所で拡大表示できるので、MFも楽です。E-P1よりLCDの解像度自体がずっと上ですし。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック