MT車販売ランキング2015年度版

国会図書館で恒例の統計データ調べをしてきました。

いつもの通り、MT車販売ランキングは2016新車登録台数年報(第39集)のオートマチック車販売台数からの逆算です。
過去2年はスズキスイフトが首位でした。2015年度は4代目ロードスター発売という大変化があったのが最大の話題で、予想通りにロードスターがトップでした。

では2位はというと、意外なことにデミオが大きく伸ばしてマツダのワンツーという結果でした。去年のデミオは2836台だったので大きな上昇です。やはりディーゼルMTの寄与が大きいのだろうか。同クラスのヴィッツやフィットを大きく引き離しているし。

ロードスター 6110
デミオ 4539
スイフト 4151
86 3851
WRX 2699
カローラ 2241
アクセラ 1851
CX-3 1817
ヴィッツ 1661
フィット 1633
BRZ 1530
インプレッサ 1383
アテンザ 1169
コンフォート 1163
ランサー 905
フォレスター 614
ジムニーワゴン 408
オーリス 335
エクストレイル 291
フェアレディ 278
CR-Z 275
エスクードワゴン 233
iQ 80
パジェロワゴン 61
スカイライン 25
ラッシュ 19
ビーゴ 6
ブロボックス 1

初めて調べた2011年度はインプレッサ首位をはじめスバルが上位に位置し、その後86もありトヨタがMTシェアトップの後、スイフト連覇、マツダワンツー他、CX-3やアクセラも上位と覇権が変わる中、日産とホンダは蚊帳の外だな。特に、フィットがそこそこ出ているホンダと違って日産の方は。
そういえば、ニスモマーチやノートはどういう扱いなのだろうか。このデータでは分からなかったのだが。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック