Lumix G 100-300mmF4-5.6IIを試す

リニューアルされたLUMIX G VARIO 100-300mm F4.0-5.6IIが届きました。

旧型は既に下取りに出してしまっているので両者を直接比べることはできないけれど、飛行機撮影で最初の試し撮りをした印象は、14-140mmですでに試した240fpsのAFは300mmの望遠端でも速くて快適でした。それにAFCでも飛行機をほぼ追随できたし。動作音も静かで、買い替えた価値は十分にありそう。

ただ、惜しいのは微妙に霞んでいて、肝心の飛行機が綺麗に撮影できなかったこと。何しろ、羽田の第2ターミナルからゲートブリッジすら靄がかかったようにしか見えなかったし。

画像


画像


画像


画像


画像


ズーム倍率を合わせきれなかったり照明などでシャッターチャンスを逃してしまって綺麗に撮れなかったけど、羽田でB747-は久しぶりに見た。A340といい、ルフトハンザは羽田の楽しみの一つ。

LUMIX G3をG7に買い替え、100-300mmをリニューアル版に買い替えと、カメラ本体とレンズ両方を買い替えるのならマイクロフォーサーズに固執する必要はないのだが、換算600mmの軽いカメラとなるとやっぱりこれしかないんだよな。望遠レンズ以外のレンズも揃えてるし。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック