Super GT開幕 レクサスLCワンメイクレース

岡山でのSuper GT開幕戦を見てきました。

GT500は公式テストでの結果が三味線でも何でもなかったことを証明するかのようなレクサスLC500のワンメイクレースと化してしまいました。トヨタファンを自称する私としてもちょっとなぁと思う状況。

予選こそauトムスLC500によってデビューポールを阻まれ、NSXも混ざる結果でしたが、そのNSXが実質的にレース前に3台消えてスタート直後にもう1台消えて、横浜タイヤの無限NSXだけが生き残ったけど、これが後ろのレクサスLCにすぐに抜かれて蚊帳の外に。GT-Rは終始レクサスLCに絡むこともなくGT-R同士の戦い。

SUGOなどで1,2,3,4フィニッシュをやったこともあるけど、他メーカーがまるで絡むことなく6台で1~6位を独占することになろうとは。ホンダのトラブルは電装系の3年間使い続けていたパーツだったらしいけど、それが無くても似たような結果になったろうな。

画像

終盤のレクサスLC同士の優勝争い


画像

序盤のGT-Rクラスの戦い


富士での公式テストもレクサスLCが上位を占めていたことを考えると、今回4,5位に終わったZENTセルモとauトムスが優勝候補か。40kg積んだkeeperトムスとNSX、GT-Rとの力関係はどうかという辺りが興味か。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック