シビックとCセグハッチの寸法

twitterでシビックに関するものが流れてきて、大きくなったことを批判するものや、それをさらに批判するものとか、色々飛び交っている。

まあ、シビックを「大衆車が嫌」な人にというコピーを作るホンダに思うところはあれど、実際、新型シビックが大きいというのは否定はできないと思うのだよな。まあ、カローラだって海外向けはかなりでかい車だけど。

でもって、一応Cセグメントとされているので、日本で買えるCセグメントハッチバックの車と全長と全幅を小さい順に並べるとこうなる。ついでにちょっと前まで買えたフォード・フォーカスも入れた。

プジョー 3084260*1805
フォルクスワーゲン ゴルフ4265*1800
アウディ A34325*1785
ルノー メガーヌ4325*1810
オーリス4330*1760
シトロエン C44330*1790
BMW 1シリーズ4340*1765
レクサス CT4350*1765
アルファロメオ ジュリエッタ4350*1800
メルセデスベンツ Aクラス4355*1780
フォード フォーカス4361*1810
インプレッサ4460*1775
アクセラ4470*1795
シビック4518*1799


それがいいか悪いかは別の話だけど、Cセグメントのハッチバックとして新型シビックは最大級の大きさなのは間違いない。最大じゃないのは、正規では日本未導入だったランチア デルタの3代目の全長はシビックよりわずかに大きい4520mmあったせいだけど。

ゴルフとプジョー 308が飛びぬけて小さいほかは4325~55mmの間が多く、日本のアクセラやインプレッサもかなり大きいことは分かる。まあ、アクセラやインプレッサはハッチバックじゃなくてワゴンに分類されるカローラ・フィールダーと同等の大きさだからな。フォーカスやさらに小さいフィエスタはこのサイズでアメリカで売ってるわけだし。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31            

過去ログ

テーマ別記事

最近のコメント