大阪オートメッセ

大阪に転勤になったので、初めて大阪オートメッセに出かけました。

公式サイトでみると初日の13時まではサイレントタイムとかになっていたので、行くならこの時と狙っていきましたが、正解でした。東京オートサロンと比べて人は少なかったですし。

裏モーターショーと化している東京オートサロンと同様、大阪オートメッセもメーカー色がかなり強くなっていますが、昭和末期から平成初期のアングラな雰囲気もまだまだ強い車も多く目につきました。オートサロンにも当然まだまだたくさんありますが、人が少なそうな時間帯を狙ったことと、展示会場が分かれていることからそう感じただけかもしれません。

画像


画像


画像


画像

今年目についたのがレクサスLCの族車仕様だけど、これが一番雰囲気が良かったな


画像


画像


アバルト124のカスタマイズカーは1台だけあったけど、個人的にはイマイチ。それに何より、日産ブースで無視されているフェアレディZが余りに不憫で。Z35は日本で発売されないというネタTLが最近あったけど、スポーツ=GT-RのGT-R偏重主義が改まらない限りは、実際そうなっても驚かないな。(だいたい予想価格600万円とか、どのへんがアフォーダブルなのかという車になるという噂ニュースまであるくらいだし)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック