赤穂城とはりまシーサイドロード

世の中三連休ですが、私はただの土日。しかもあんまり天気が良くなさそう。
でも、家に籠っているのはつまらない(Super GT第6戦の中継見ていればいいとは言えるが)。ということで、大阪に転勤になった後もあんまり足が向かなかった神戸の向こうへのドライブに出ることにしました。

目的地は赤穂城と博物館にしましたが、やっぱり阪神高速の渋滞が。それに事故渋滞が2回。湾岸線も新神戸トンネルとも直結がいまだになされない阪神高速3号線。渋滞が残る中国縦貫とは交差点が間に入る上に新名神まで伸びていない11号線。ホント、西に行くのは面倒くさい。まあ、3号線の渋滞はどちらかというと第2神明から先はR2バイパスの自動車専用道路が続いて、山陽道なり中国道を走るより安いってのが集中する要因とは思うが。

結局赤穂城まで3時間ほどかかってしまった。まあ、大阪駅に電車で出て、座れるかどうかもあやしい新快速に乗るよりはマシだし、と言って新大阪から新幹線で相生まで乗ってもあんまり所要時間に差が無い(大阪10:00の新快速と新大阪10:26のこだまが同じ電車で播州赤穂着)ので自動車で行ったのは正解と思う。

画像


画像


城に隣接した歴史博物館と、海浜公園内の海洋科学館を見てから、まっすぐ帰るのもつまらないので、はりまシーサイドロードを走ってきました。道路自体はワインディングでいい道だと思ったけれど、あくまで国道なので、交通量が多かった。

画像


帰りは、阪神高速3号線が渋滞の情報を見て、山陽道・中国道経由で帰りました。こっちもやっぱり11号の渋滞に嵌まったけど。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック