鳥取砂丘砂の美術館

鳥取砂丘砂の美術館の今年のテーマは北欧。

本当は山陰デスティネーションキャンペーンの企画切符を使用して週末土日に行く予定だったけれど、台風24号が日曜日に来るためJRがほぼ間違いなく運休になる。ということで、金曜日を休んで行くことにしました。

しかし、平日日中なのに鳥取駅から砂丘へのバスは立ち客がいっぱい。帰りのバスも始発の砂丘センターでいっぱいになり、砂の美術館バス停からですら乗車お断り。休日だとどうなるんだろう。

まずは砂の美術館。

画像

デンマークのイーエスコウ城ですが、城門のところでは観光客がスマホで自撮りしている。こういう細かい作りこみは大好き。

画像

北欧神話の主砂像は人がいなくなった時にパノラマ写真を作ってみた。


この後、砂丘に出ました。砂の美術館側の入口から入るのは初めてかもしれない。バスの客は多くても観光客の絶対数は休日より少なく、夕方近い時間帯ですが風紋はかなり残っていました。

画像


画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック