片耳用BTヘッドセットについてつらつらと

Bluetooth接続のヘッドホンやヘッドセットをいくつか買っているけれど、一番使用頻度が高いのが、電話用に使っている片耳用のヘッドセットです。会社から貸与されている電話と個人のスマホ両方で待ち受け・通話で使っています。なので、マルチポイント機能は必須です。

片耳ヘッドセットとして最初に買ったのはJabra classicでした。ところが、ずっと使っているうちに誤発信が何度か起こるのに悩まされるようになりました。ヘッドセットと言いつつ常時装着しているわけではなく、普段は胸ポケットに放り込んでおいて電話がかかってきたら耳にはめる使い方をしていたのが原因といえば原因です。要は、ポケットに入れている時に何かのはずみでメインボタンが2回押しになってしまってリダイヤルしてしまうわけです。

とはいえリダイヤル機能は変更も無効化もできない。ネットにいくつもある対策は、電話として使うことは考えていないものばかり。

リダイヤル機能の用途は分かるけれど、普通に電話として使う場合に、スマホ本体での操作ではなくヘッドセットからのリダイヤルでないといけない人や用途ってどれだけの割合を占めるのだろうか。むろん電話をかけたら話し中だったらすぐにリダイヤルしたいのは分かるし、場合によっては同じ人と繰り返し話をする機会もあろうけど。毎回違う人に電話をかけるのが基本の使い方にとって、こんなリダイヤル機能はじゃまでしかありません。

ということで、根本的な対策として、発売中止になっていたSONY MBH20を駆け込みで購入しました。機能自体はJabraより圧倒的に劣ります。何しろ本体でボリューム調整すらできない。しかし、何よりもリダイヤル機能自体を持っていないことが私の悩みにとっては最適な品です。ただしネックはBT4.1以上が出ている時代ながらBT3.0のことです。省電力がどうこういう前に、一度距離が離れてBluetooth接続が切断された後の再接続が今一つです。特に、会社貸与のiPhoneが酷い。

会社では常に持ち歩くことになっているとはいえ、トイレに行くときは置いていくこともあるのだけど、再接続しようとしても全くつながらず、電源ON/OFFしても駄目で登録解除/再登録を何度もやる羽目になっています。とはいえ、リダイヤル機能の有無で選ぶには選択肢が他にない。次善策としてリダイヤルになりにくい操作のものを選ぶというのがあるのだけど、ほとんどのメーカーがメインスイッチ2回押し。そんな中、バッファローはメインボタン+ボリュームupの同時押しなので選択肢にはなりそうです。

そう思って探してみると、最近のエレコムの製品はリダイヤル機能自体がマニュアルになく、メインスイッチ2回押しはボイスダイヤルは音声AI呼び出しになっている。ということはボイスダイヤルを使わない私には選択肢になりえる。ところがここにもう一つ落とし穴があって、今までのエレコム製品はマルチポイント非対応のものばかりなんですね。最初に書いたように、マルチポイントが必須な私には選べない。

諦めかけていたけれど、ごくごく最近の新製品ではマルチポイントに対応するようになっていて、次に買うのはエレコム一択になりそうです。その前に、会社貸与のiPhoneの本体更新の話もあるので、その結果を見てからでもおそくはないけど。






この記事へのコメント