東京オートサロン

先週末は本来の計画に反して東京にいることになってしまったので、4年ぶりにオートサロンに行きました。

この2年は大阪オートメッセに行っていましたが、やっぱり人の数が全然違う。しかし場所が幕張メッセなので、交通手段はいつもの通り自分の車です。メッセの駐車場を目指す渋滞には目もくれず、海浜幕張駅の周辺から北側の駐車場を目指します。この方向ならば渋滞からは外れるし、せいぜい2時間半前後と思えば駐車料金もメッセ駐車場と大差ありません。

さて、今回はGRヤリスが最大の目玉のようなオートサロンです。私も想像以上に「ここまでやるか?」と驚いた口です。Aピラーから後ろはまるで別の車(実際プラットフォームも異なる)で、WRカーのホモロゲでここまでやったら他のメーカーは大変だろうなぁ。値段的には十分買える額ですが、現時点ではオープンカーを捨てる決心はつかないので、1st editionに関しては見送りです。

IMG20_7911.png

その他のメーカーで目に付いたのは、日産とシボレーかな。

IMG20_7821.png
シボレーコルベットは、ぱっと見フェラーリそっくりだけど、量産メーカーがここまでのスポーツカーを作るのか?というのが驚きです。この辺、同じアメリカ市場ターゲットのフェアレディZ次期型がいつまでたっても出てこない日産のコメントを聞いてみたい。

その日産は1億円というイタルデザインのGT-Rがありました。キワモノ扱いで今まで考えていましたが、実物は想像以上にロー&ワイドでかっこ良かった。値段相応の価値があるかどうかの判断はしないけど。

IMG20_7860.png

もう一つ、インパルが輸入しているインフィニティQ60もありました。400Rを中心にスカイラインのセダンが話題ですが(先日も公道を走っているのを見かけたし)、こちらは世が世ならスカイラインクーペとして売っていてしかるべきクーペの方です。輸入なので左ハンドルなのが玉に瑕ですが、エンジンはセダンと同じ3リッターV6ターボで、上級車は400hpを発揮するのも同じです。

IMG20_7896.png

日曜日の昼に行ったので、Gazoo Racingブースでは章夫社長と脇坂寿一、井澤エイミーのトークショーも少し見てきました。東富士の新しい都市建設の話のところだけでしたが。他にもヤリスWRCのデモランもしたそうですが、トヨタの次期社長になる人は大変だろうなぁという余計な心配をしてしまった。

この記事へのコメント