Bluetoothキーボードトラブル

自宅と会社のパソコンでは、ずっとエレコムのTK-FBP083を使ってきました。

別にエレコムが好きなわけではなく、パンタグラフキー、テンキーレス、キーピッチ19mm、長すぎないスペースキーを満足するBluetoothキーボードの選択肢がほとんどなかったからです。この中でもエレコムのFBP083はキータッチは悪くはなく、パンタグラフ特有の軽さとクリック感は好みに合っていました。いや、昔のキーボードはスペースキーは文字キー5個分くらいはあったのは知っているのだけど、Autohotkeyを使って無変換キーを使ってカーソル操作する癖がついているので、今更長いスペースキーは使いにくいのよね。

元はFBP083は会社で使っていて、自宅ではチャタリングの問題があった同じエレコムのTK-FBP100をスティックPCとの共用で使っていたのだけど、チャタリングが結局治らないのと、生産中止になったFBP083の予備機としてもう一個かって、これを自宅のメインPC用にしていました。

この体制になってから1年弱。ある日突然自宅用のFBP083が使用中に左シフトキーでのD,F,L,+,*などが入力できなくなってしまった。右シフトキーでなら入力できるのだが。これも、パソコン再起動時からしばらくの間は入力できるのに、起動してしばらく置いておくと駄目になる。キーボードかBluetoothアダプタの問題か、はたまたPC本体の問題なのか分からないので、会社のPCやスティックPCで使ってみても同じ。

これは壊れたか。よりによって予備機の新しい方が。でもまだ買ってから11か月しかたっていないので、一度エレコムに送ったのだが、再現できないから、代替品を有償交換か返送かを選べという宅急便が届いた。というか点検結果と対応の意思表示を宅急便で送ってきてFAXで返送しろってのが今時何だかなと思うのだが。代替品はFBP102で上記の希望スペックを満足しないので当然返送を選んだのだが、そのまま返ってきたものが治っているわけがない。

ところがトラブルはこれで終わらず、ちょうど返ってきたのに合わせて、TK-FBP100の方が、なぜか左Ctrlキー押しっぱなしになる症状が発生してしまった。普通はパソコンを再起動すれば治るのだが、再起動しても押しっぱなしになっている。別に文字を激しく入力するわけでもないTV視聴用のスティックPCならまだしも、チャタリング+一部大文字入力不可ではとてもメインPCでは使い物にならない。

迷った挙句に、新しいキーボードを買うことにしました。本当は高いのだけど、新型のLENOVO Thinkpad キーボードIIが欲しいのだが、Amazonで出てこないのはもちろん、ビックカメラでも商品は出てくるのだが現時点では注文不可。しかし、他の代替品となると、最初に書いた4か条を満足するものがなかなかない。Bluetoothに固執せず2.4GHz無線ならばFBP100の姉妹機たるFBP098でもいいのだが、立て続けのエレコムキーボードのトラブル対応でエレコムのを買うのは癪に障る。

迷った挙句、以前店頭で触って、まあ悪くはないという印象はあった、サンワサプライのSKB-BT23BKにしました。スペースキーが右に長いのだが、左側の無変換キーの位置は問題ないので妥協です。右Altと右Ctrlが無いのは、場面によっては不便なのだが、実売3000円未満だからこの程度は仕方ないか。TK-FBP100と違って@「の列のキーの幅が狭いということもないし。サンワサプライはSKB-BT32の方がマルチポイント対応だったりキー配置も好みなのだが、キーピッチがなぜか18mmしかない。この1㎜差は意外と大きい。

なんでこう、あと一つ何かが足りないキーボードばかりなのだろう。

この記事へのコメント