紆余曲折の末に篠山城散歩

世の中は早い人は既に盆の連休、そうでなくても三連休の中日ですが、来週も前半3日は仕事の私にとってはただの日曜日。

さて、どこに行こうかとJARTICの渋滞情報を見始めたのがAM8時過ぎ。中国道宝塚や阪神高速3号線のいつもの渋滞はあれど、拍子抜けするほど真っ白。
じゃあ、足を延ばして安土城跡にでも行こうかと、朝食後にもう一度JARTICの渋滞情報を確認して出発しました。

ところがどっこい、豊中で名神高速に入るといきなり京都南まで10km渋滞。迂回路たる京滋バイパスは事故渋滞。なんじゃそりゃぁと、吹田SAに入って予定を変更することにしました。しかし、大山崎手前で名神を出て行けるところを思いつかず、亀山城跡にすることにしました。ということで京都縦貫道に入って亀山市内へ。が、亀山市内に入ると亀山城跡の駐車場がどこにあるやらさっぱり分からない。城周辺を2周ほどすると、コロナ対策で立ち入り禁止の看板が目に入った。今更ここまでやる施設が実在していたとは。

安土城跡の代わりに亀山城跡というのは、歴史的にあり得ない組み合わせだったのかもしれない。とあきらめることにして、さてどうしようか再び考える。

ということで、一般道を西に走って篠山城跡に行くことにしました。亀岡から篠山へは鉄道的にはとんでもない遠回りですが、本来は隣の街で自動車なら1時間弱です。

ほぼ正午に篠山城に着いたので暑かった。とはいえ薄曇りから曇りくらいだったので直射日光が弱かったのが幸いしました。篠山城跡で4館共通の入館券を買って、市内4か所の施設を「歩いて」回って、最後は恒例の(黒豆)ソフトを食べて帰りました。

P208091253_stitch.jpg

P208091283_stitch.jpg

P208091292.jpg

この記事へのコメント