iDrive地図更新停止に伴い、iPadをナビ化する

自分で買った車じゃないので、それにどうこう言うのはお門違いかもしれないけれど、iDriveのうちCIC時代のカーナビ地図更新はどうも終わったらしい。
2020年版の時点で、後継のNBTやNBT EVOが2019年4月版だったのに、CICは2018年12月版と半年近い差を付けられ、この間に故郷の高速道路の開通があったので見送ったのだが、2021年版でもCIC用は2018年12月版のまま。

今の地図はもっと古いバージョンのままなので、アップデート自体に意味がないわけではないのだが、既に型遅れが分かっているものに(正規で)数万円もの金を払う気にはなれない。しかし、市販ナビに交換しようにも、iDrive関係はPioneerだろうがCarozzeriaだろうがPanasonicだろうが非対応のオンパレード、つまりは不可。となると、市販ナビはポータブルタイプしか選択肢が無い。旧サンヨーのゴリラは評判はいいものの、取付や今後の地図更新費用を考えるとなんだかなというところ。

今時ならスマホのナビでも使えるし、実際TCスマホナビとYahooカーナビの2つを入れているのだが、ナビ音声がオーディオと無関係なので、肝心のところでオーディオにかき消されて聞こえにくいし、そもそも2つの音声が同じような音量で重なるのはかっこよくない。これが新しい車ならBluetoothでどっちも再生させれば、ナビの音量を優先してくれるのだが、Bluetoothは電話のみ対応でメディア音声非対応なのでそれもできない。
それに、スマホの画面だと小さすぎてスマホホルダー装着状態だと意外と細かい操作がしにくい。

だがしかし、自宅の中にあるものを見れば、廃物や現在使用していないもしくは使用頻度が極めて小さいものがいっぱいある。その最たるものが、5年前に駅で落として画面にひびが入っているiPad mini2だろうな。見た目は駄目だけど、実は機能的には全く問題がないので、ことあるたびに使い道はないか考えていたのだが。
DSC_0050.JPG
これにYahooカーナビを入れることにして、問題は音声をどうするかですが、これまた、退役したままになっているAukeyのBluetoothオーディオレシーバーBR-C1をAUX INに繋いで使うことにしました。ただ、電源を取る必要があるので、これは車の前所有者が使っていたアクセサリ電源用用のUSBポート付きのmicroUSB電源を使うことにしました。ただ、USBポートはそのまま使うと、これがあるセンターコンソールのひじ掛けが閉まらなくなるので、90度方向転換させるUSBアダプターを介して使うことにしました。
DSC_0043.JPG
さて、iPad mini2の電源ですが、USBポートはグローブボックスの中に1個あるだけですが、どうもこっちはUSBメモリから音楽をコピーするためだけのようで、スマホには充電できてもipadには全く足りず充電できません。0.5A上限という規格に忠実なのでしょう。なので、センターコンソールからとるしかないので、そこからダッシュボードまで線が這うことになってしまった。

次はiPad miniの固定です。タブレット用のホルダを買ってもいいけれど、車内に装着できそうな適切な場所が無いので、元々エアコン吹き出し口にスマホホルダを付けているのでこれをそのまま使います。
DSC_0042.JPG
当然ですがiPadをこれにそのまま付けられる訳はないので、iPadの裏面にもう使っていないPCカードケースを貼り付けてスマホホルダに掴ませて、厚さ調整のためにコルクシートを張りました。どうせ元から外装が壊れているiPadなので裏面に両面テープを貼ることに何のためらいもない。
DSC_0044.JPG
以上の結果、ipad mini2を装着した状態はこんな感じになりました。
DSC_0045.JPG

スマホ用ホルダに付けていることもあり、iPad miniが宙に浮いているような見た目になりました。ただ、エンジンのスタート/ストップボタンやウィンカーレバー近傍にiPadの電源ケーブルがあるのはちょっと邪魔。左右ひっくり返して取り付ければ済む話ですが、ディスプレイのひび割れが左下に集中しているので、これをステアリングを握る手で隠れるようにするのを優先した結果です。助手席側のエアコン吹き出し口に付けてみたところ、にゅーっと伸びてくるドリンクホルダーに干渉してしまったし。
また、この状態だとiPadの電源ケーブルがちょっと短いので、10cm強延長したいところです。


残る問題は、地図のためのネット接続です。スマホとのBluetoothテザリングでも問題ないのだけど、出かける際にいちいち接続するのは面倒なので、MVNOのシェアSIMを1枚専用に買ってもいいかもしれない。3年使っても10200円+消費税で済むので、ポータブルナビ買うより安いし。ただ、ここまで出費0円できているし、使用頻度がそう高いものでもないので0円のままにしておきたいのも本音。


なお、通常のオーディオはランダムプレイリストを作って書き込んでいるDVD-RWで再生しているので、通常はこっちを使って、ナビが必要な時だけAUXに切り替えることになる。BTオーディオはエンジンを切っていても内蔵バッテリーのおかげで接続を維持していて、エンジンON/OFFで再生ON/OFFが同期してくれるのだけど、iPad自体を持ち出すと当然接続から必要になるし。

(2021/2/15追加)
センターコンソールからもう一個USBポートを取るために、これまた部屋で埋もれていたサービス電源を2個にするアダプターとサービス電源からUSB電源を取り出すものを付けた。これでグローブボックスの0.5AのUSBポートに頼らずに済む。
IMG_0859.jpg
ここのサービス電源が何A取れるのかは知らないけど。(^^;

この記事へのコメント